ブログのPVが少なくても、1PVは誰かが悩みを解決するためにつけた足跡。

1PV アイキャッチ

▽ブログのPVが伸び悩んでいる

▽書いた記事をTwitterなどのSNSに投げても読まれない



こんな悩みを持っていませんか?


あなたがブログを始めたのは、書いた記事を誰かに読んでもらいたいからですよね。

ただの日記なら、そもそも読まれないことで悩む必要はありません。


ずっと0PVの記事はさすがに誰にも読まれていませんが、1PVでもカウントされていれば、少なくとも誰かひとりはそのタイトルが気になってクリックしています。


「記事を読んでみたいなぁ」

「記事を読んでみようかなぁ」


少なくともそう思ってもらえた証拠が1PVです。

1PVは誰かがタイトルを見て中身が気になった証拠


1PVだけで終わってしまった場合は検証が難しいですが、毎日じゃなくてもちょこちょこと1PVが続くようであれば、その記事は読まれる可能性があります。


タイトルが気にならなければ、Googleで検索した際に表示されてもクリックしてくれません。

クリックしたということは、少なくともその人にとっては役に立つことか興味があることが書かれているだろうと思ってもらえているのです。



これはとても重要なことです。

0PVはタイトルが適切ではない可能性が高い


1PVはタイトルが気になった証拠ですが、0PVはタイトルがまったく的はずれである可能性が極めて高くなります。


ブログを始めたばかりではまだ検索上位に入り込めませんので、判断するのは少なくとも3ヶ月程度は様子を見てからにしましょう。

それでも0PVのものはそもそも検索されないタイトルになっているか、あるいは興味を持ってもらえていないかのどちらかになります。


仕組み的な話では、そもそも検索されないキーワードの記事になっているか、検索した人の気持ちに添えないタイトルになっているか、です。

PVが増えない原因は主にこの2点「検索されないキーワードの記事」「検索した人が気にならないタイトル」に集約されます。


せっかくあなたが書いた記事本文がとても素敵なものであったとしても、検索されない、検索されてもクリックされなくては意味がありません。もったいないです。


もし0PVが続くようであれば、どのキーワードで検索されたいのかを考え、そのキーワードを含んだタイトルに書き換えてください。

これでしばらく様子を見て、1PVになれば最低でも「検索した人が気にならないタイトル」に関しては改善されたことになります。


あとは、どうすれば1PVの日が多くなるかを考えて、記事のタイトルを書き換えていくようにしましょう。

それと、タイトルを変えただけだと中身と違ってくることもありますので、本文も読まれないと意味がありませんから、タイトルを変えたら中身も見直してあまり相違が出ないようにしましょう。

1PVの先には悩みを持つ誰かがいる


1PVという数字だけを意識してはいませんか?

これを5PV、10PV、100PVと増やしていきたい。これは間違っていません。


ただし、1PVはただの数字だけではなくその先に特定の誰かがいます。

何かの悩みがあり、キーワードを打ち込んで検索し、ここに答えがあるかもしれない――

そう思ってあなたの記事をクリックした人のことです。


1PVでも100万PVでも、すべて特定の誰かの積み重ねです。

1PVだからダメ、という話ではありません。

数多くの人に認知されて100万PVになっているのであって、すべての記事は必ず1PVを通ります。


誰かひとりに向けて、あなたが書いた記事で何かの悩みを解決してもらいたい。役に立ちたい。

そんな気持ちが入った文章に、解決するためにGoogleに打ち込むだろうキーワードをちゃんと設定してあげることで、タイトルが気になってクリックしてくれて、結果としてそれがあなたの1PVになるのです。


ここは大事なポイントとなります。

1PVは、特定の誰かひとりがあなたが書いた記事を読めば悩みを解決できるんじゃないか、あおう思ってクリックしてくれた結果です。

1PVに笑うものは1PVに泣く


1PVの記事はあなたにとってはあまり気持ちが良くないかもしれませんが、通算1PVではなく、1日で1PVにしかならない場合は考え方を変えましょう。


まったく読まれない、ということはありませんよね。

1PVということは特定の誰かひとりがあなたの記事タイトルが気になった結果ですから。


ブログを始めたばかりで記事数が少なければ、毎日のPVもたいした数字にはなりません。

10〜50PVだったり、100〜200PVだったり色々ですが、もっと数字が増えてほしいですよね?


これも考え方なのですが、1記事ごとのPVは今回書いてきたようにとても大事な要素です。

この1PVが5PV、10PVと増えていくように、記事内容や記事タイトルを改善していくのでとてもポジティブな対応です。


ところが、ブログ全体の累計PVに関しては、あくまで積み重ねの結果でしかさありません。


どういうことかと言うと、たとえばあなたがブログで30記事書いていたとすると、10PVが20記事、1PVが10記事の場合だったら1日210PVになります。

もしそのまま記事を増やしていった場合に、すべて1PVの記事になってしまったとしても、30記事増やせば240PV、さらに60記事増やせば300PVとなります。

1日300PVあれば月間1万PVもあとわずかです。


1PVの記事が100記事で10PVの記事が20記事の全120記事あれば、月間1万PVは射程範囲です。


100PVの記事が3記事でも、1PVの記事が300記事でも同じ300PVです。

つまり、0PVじゃなければいつか100万PVも目指せます。


そこまでブログに記事を追加していれば、1PVだったものが10PVになるかもしれませんし、途中で100PVの記事が書けるかもしれません。

でも、すべては1PVから始まるのです。



1PVに笑うものは1PVに泣く



特定の誰かひとりを大事にできないようであれば、結局最終的なPVも増えていきません。

ひとりでも多くの人があなたの記事を読みたくなるように、記事内容を磨き上げ、その上で適切なタイトルにすることで、悩み解決への一歩を誘導してあげてください。


1PVはその誰かがつけた足跡なのですから。

同じ情報発信のTwitterも、リプやRTを使うことでいい反応をもらうことができるようになります

Twitter アイキャッチ

TwitterはリプやRTをポジティブに使えばうまくいく。

2019年1月20日
Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください