感情が見えるブログってやっぱりおもしろい!

アイキャッチ 感情が見える文章

Twitterでフォローする人をだいぶ変えたら、今までよりはるかにおもしろい記事に遭遇するようになった。

 

そういう人たちはみんなどこか振り切ってる。

口調は決して丁寧じゃなかったりするのに、すらすらっと読めちゃう。

 

文章全部に感情が入りまくっているのがその正体だと思う。

とにかく書いている本人が目の前にいるんじゃないかってくらい良く見える。

生き生きとしている文章だから、気がついたら最後まで読み終わっちゃう感じ。

 

こういう文章を自然と書けるようになれたらいいなぁと思う。

真似してもできなさそうだから、感情が出てくるように書きまくるしかないな、うん。

 

これからTwitterで見かけたふたつの記事を紹介するけど、どちらもおもしろかった。

 

ホリエモンが「www」だけでリツイートした『バカな行動』をオモシロ記事に起こしたのは滝本裕(@takimochi1019)さん。

『バカとつき合うな』を100冊買っただけでもスゴイのに、それを完全にネタにしてる。

100冊買う行動だけでもとんでもないのに、ホリエモンのひとことを受けて『バカな行動』の『その次』をいろいろと検証していくんだけど、そこでのツッコミがとても冴えてる。

 

100冊の本がとても重いっていうことは特に良く伝わってきた。

本質そこじゃないけど(^^)

 

見出しもないし、改行もほぼ一定。

でも、強調の使い方がとてもうまい。

 

最初から最後まで一気通貫同じことしかしていないんだけど、滝本さんがすぐそこで四苦八苦している姿が見えてきて思わず笑っちゃったなぁ。

滝本さんがこの記事を書いたきっかけは、タイトルにもあるけど『ホリエモンが悪い』から。

それをよくもまぁ、ここまでおもしろおかしく書けるもんだ。

 

 

もうひとつがきのこちゃん(@kinoko_wa)の書いた純然たる感情乗りまくりの悪口記事(※本人がそう言っている)

意識高い系のブロガーに対しての、共感しまくりの悪口しかない記事なんだけど、これもすらすらっと読めちゃう。

とにかくテンションが最後まで高い。

 

ツッコミが冴え渡っているので、いい感じの縦スクロールで読める。

ツッコミの内容も「あぁ、たしかにw」という感じなんだけど、最初より最後のほうがグイグイくる(^^)

 

勢いで書いているのかもしれないけど、だからこそアクセル全開の後半が特におもしろい。

読めばわかるよ。この後半戦の加速感。

 

きのこちゃんの記事はPV少ないみたいなので、もっと多くの人の目に止まってほしいなぁ。

勢いで書くって行為そのものが結構好き。

今回取り上げたことで、この記事から少しでも流れてくれるといいんだけど。

 

 

例に出したふたつの記事をおもしろおかしく読んで、自分ももっと感情を入れた記事を書かなくちゃって改めて痛感した。

PVの多い少ないはまず置いておいて、読んでいておもしろい、おもしろいって言ってくれる人がいるってことが大事なんだと思う。

 

固定ファンは文字の奥にいるヒトを見ている。

いつもおもしろい記事を書いていれば、きっとそれを見つけてたのしみにしてくれる人が現れるんだよね、きっと。

 



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください