【プリコネR】『ヴァンパイアハンターwithイリヤ』が5月31日から開催。イリヤのピックアップも同時開催!

【プリコネR】『ヴァンパイアハンターwithイリヤ』が5月31日から開催。イリヤのピックアップも同時開催!

【記事スタイル】独語/ですます調/ゲームレビュー

次回予告

 

イベント開催はキャラの育成が一気に進むので非常にありがたいところですが、同時開催のキャンペーンが探索2倍とダンジョンマナ2倍で、かつそれぞれが10日ずつと長いのは気に入らないですね。

イベントも後半戦はダレるので、14日開催で月2回にすれば、同時開催のキャンペーンも7日ずつになっていい感じになりそうなんですけどね。

 

目次

ヴァンパイアハンターwithイリヤ

ヴァンパイアハンターwithイリヤ

 

イベントではマホとカオリが蘇った伝説のヴァンパイアを倒すために旅に出るというストーリーが繰り広げられます。

伝説のヴァンパイアというのが大きな帽子を被っている赤目の女の子イリヤとなります。

本体は大人の女性ですが、魔力が枯渇しているため子供の姿となっています。

 

過去2回のイベントでは登場キャラはすべて味方側でした。

今回の場合だとイリヤは敵として登場するのか、それともシナリオ中で倒すべき相手ではないとなり、ジズやアニマのような凶悪なボスが別に登場するのかはまだわかりません。

イリヤは魔法使いだと思うので、もしボスとして出てきた場合は魔法耐性パーティーで挑むことになりそうですね。

ユカリやクウカが活躍する可能性もあります。

 

イリヤ

イリヤ

 

今回のイベントのキモは、このイリヤの入手方法ですね。

普通であれば☆3キャラとして単体ピックアップガチャへの実装が濃厚となります。
直前のピックアップガチャは☆2のミサトが実装で現在も開催されていますので、順番的にも☆3での実際が妥当ですね。

ロールも後衛魔法使いと予測してはいますが、直近の☆3が超攻撃的魔法使いのキョウカだったので、被ってしまう可能性があります。

ヴァンパイアということもあり、吸血等のダメージを与えながらHPを吸収するスキルを持っていそうなので、前衛で回復しながら大ダメージを与えられる希少価値のあるアタッカーという線もありですね。

 

イベント限定での入手となるとメモリーピースを145個配布しなければならず現実的ではないので、やはりガチャでの実装が濃厚ですね。

そうなるとメモリーピースがもらえるのはハツネとカオリのふたりになるので、初回のイベント同様☆3キャラの入手または強化が進むいいイベントになりそうです。

 

まとめ

イベント解説

 

画像は前回のイベント時のものですが、今回もボスチケットを集めてボスと戦い、討伐証を引換券としてボックスガチャを回す仕様になると思われます。

通常はハードクエストでメモリーピースとボスチケットを貯めて、討伐証ガチャでメモリーピースと女神の秘石を大量に集めることになります。

イベントボスは難易度ハードのほうを周回するのが前提となり、基本的には1キルできないと厳しいので必要キャラで1キルできる程度の育成を進める必要があります。

ボックスガチャは4回目までは2キャラ分のメモリーピースが大量に入手できるので、必ず4回目まではしっかりとメモリーピースを取り切りましょう。

5回目以降は女神の秘石がどれだけ必要かに応じて周回必要数が大きく変わります。

ガチャ産のキャラは才能開花に必要なメモリーピースが女神の秘石でしか交換できません。
そのため、ガチャ産のキャラを多く持っている人ほど女神の秘石が超大量に必要となります。

ボックス4までの分でも当たりのメモリーピースを入手したあとでもギリギリまで女神の秘石やジュエルを集めたいところです。

満を持してボックス5以降になったら、ひたすら討伐証を集めて女神の秘石(35個)を彫りまくる姿がよく見かける光景ですね。

 

前回のイベントは後半戦はあまりプレイせずにメインクエストのハードを周回してメモリーピース集めをしていました。
その分、ガチャキャラ育成用の女神の秘石がそれほど貯まらなかったので、今回のイベントは基本的に超周回をするつもりです。

マホはもうすぐ☆4でカオリはまだ☆2なので、ちょうどいいタイミングでのイベント開催となります。

ガチャ産のキャラ(ジュンとかジータ)用の女神の秘石もたくさん集めますが、入手しやすいマホとカオリは早めに育成してマホ☆5とカオリ☆3を目指します。

 

 

なお、イリヤの情報は以下の公式ファンブックを参考にしています。

[amazonjs asin=”4800282373″ locale=”JP” title=”プリンセスコネクト! Re:Dive公式攻略ファンブック (バラエティ)”]

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次