【プリコネR】クランバトル7月期開催! オルレオンを何回倒せば満足する?

【プリコネR】クランバトル7月期開催! オルレオンを何回倒せば満足する?

こんばんは、ヒース(@heath_blog)です。

プリンセスコネクトReDiveにてクランバトルの7月期が開催されました。

今回のボスはしし座のオルレオンとなります。

クランメンバー全員でボスをひたすら倒しつづけるクランバトルをプレイして、クランランキング上位を目指したり、クランコインでマコトの開放や才能開花を進めましょう。

 

目次

クランバトル7月期開催

バナークランバトル7

今回はいつものワイバーンとワイルドグリフォンはそのままに、4戦目のマッドベアは戦闘に調整が入ったバージョンとなり、3戦目に忍者クワガタのライデン、そして最後にメインボスのオルレオンが加わりました。

このなかで極めて特異なボスが3戦目のライデンとなります。

スタン攻撃の使用もうっとうしいですが、なんといっっても『丸太に变化』という無敵技が厄介。

これはミヤコの幽霊化といっしょで、丸太に变化している間は完全に無敵状態となるという離れ業を繰り出します。

どんなに強いユニオンバーストも、発動するタイミングをまちがえると丸太に吸われて0ダメージフィニッシュです。

 

イベントのベリーハード、ダンジョンのエクストリームときて、クランバトルにまで厄介なボスを導入してくれる運営は我々プレイヤーを苦しめることに関しては一級品の力を持っているようです。

幸い、ライデン自体の火力が高いわけではないので、オートモードにせずに自分の手でユニオンバーストを発動するようにして、丸太に攻撃を吸われないようにすればそこまで厄介なスキルではありません。

全部オートでプレイする人にはちょっと面倒な仕様となりました。
通常時からオートプレイをする人は、たとえボスが丸太に变化sて攻撃が無効化されることがわかっていたとしても、なんだかんだ手動は面倒なのでそのままオートでプレイすると思います。

 

クランバトル7月期の報酬

クランコイン交換

もらえるメモリーピースはスズメとなります。

サマーバージョンが追加されたため、絆ストーリーでのステータスUPが通常のスズメと共有されます。

水着スズメを育成する際は、通常のスズメもあわせて育成したほうが絆分のステータスがおたがいに多くなるので効果的です。

 

このタイミングでスズメのメモリーピースを報酬にしたのは運営の計算ずくのようです。

クランコインで交換できるキャラから順繰りメモリーピース対象としているだけのようですが、一番最初がマコトだっただけにだんだんとショボくなるイメージはあります。

プリコネRでは☆1のキャラを☆5にするのが一番大変なので、スズメのメモリーピースがもらえること自体はありがたいのですが、もらえる枚数がトップランカーで30ではいささか足りなすぎます。

クランコインでしかメモリーピースを交換できないキャラは、超上位クランじゃない限りはもらえるクランコインが少なすぎてほぼ入手不可能状態がつづきます。

ダンジョンやアリーナが常時コインがもらえるので、クランコインも非開催時にももらえるようになればマコトの解放やスズメの才能開花も比較的ラクになると思いますがなかなかうまくいかないものです。

 

今回のクランバトルからの新仕様

ラストアタック報酬

もらえる報酬がクランコインが10枚と少ないですが、ボスにトドメを刺した際に追加でクランコインがもらえるようになりました。

これはHPちょい残しのボスを倒すと総ダメージが伸びないために、ボスに挑むのをみんないやがって停滞してしまうところを、ダメージ量が小さいメンバーに殴ってもらう方法のひとつとなっています。

また、クラン内のランキングには興味がない場合もラストアタックで10枚直接多くもらえるラストアタックを狙うメンバーが出てきます。

これはいい改善だと思います。

模擬戦を無制限にプレイできる

前回の6月期より導入された模擬戦がさっそくブラッシュアップ。

模擬戦に参加する場合はクランバトルへの挑戦回数が1回以上残っている必要がありましたが、7月期からはいつでも模擬戦にチャレンジできるように調整されました。

最大の3回分をチャレンジ済みでもボスとの戦いのシミュレーションができますので、自分の所持キャラのどの組み合わせが大ダメージを与えられるか探してみるようもよいでしょう。

メンバー編成、スキル発動のタイミング、ユニオンバーストを発動させるタイミングなどのプレイングを開催期間中ずっと練習することができます。

これもいい改善になります。

 

今回のまとめ

クランバトルはガチクランとそうじゃないクランとではとても温度差の大きいコンテンツとなります。

本気でクランバトルを戦い抜いてランキング上位を目指す場合は、各キャラの育成やサポートキャラのレンタル、どのボスにどの時間に挑むかを前提として戦略を立てます。
さらに次は戦闘中のスキルやユニオンバーストの発動までの細かな戦術をもとに手動で管理します。

もはや「プリコネはeスポーツだ」といっても過言ではないかもしれません。
そのくらい戦略、戦術を駆使して戦っているのです。

 

クランバトルではマコトやジュンの有無によって難易度が左右されます。
どちらもない場合はたとえクランメンバーからサポートとしてレンタルしたとしてもチーム編成が困難になります。

マコトお持ちでない

マコトの所持有無がクランバトルにとどまらない範囲に拡大されていますので、なるべく早く入手する必要がありますが、クランコインでの交換を除けばガチャで入手するしかないため難易度は高め。

自分としても今回のクランバトルで得られるクランコインでなんとか解放まで結びつくといいのですが、おそらくあと1回分足りないのでまだ解放できません。

マコトがない状況がつづくのは結構ストレスを感じますので、運営にはクランコインの入手手段をもう少し幅広く設定してもらえることを期待するしかありません。

 

クランバトルはガチなクランじゃない場合でも、ちゃんと1日3回はボスを殴るようにしたほうがいいです。

スタミナ消費量が挑戦回数と直結しますので、スタミナ回復にジュエルを使わない場合は3回挑めないかもしれませんが、ノーマルキャンペーン中はそのプレイングはあまりよろしくないので、各キャラクターの装備品を集めるとともにクランバトルへの積極参加もおねがいします。

ほんのちょっとのダメージでも積み重なればそれなりのダメージ量になります。

戦力が整っていなくてもボスを3回殴ってからその日のプレイを終えるようにすると、クランマスター側から見てもちゃんとアクティブに殴ってくれることを確認できて安心します。

 

それでは7月31日までとなりますが、残りのクランバトル期間をともに戦い抜きましょう。

 

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次