【マクドナルド】ビッグマック生誕50周年記念限定『ビッグマックベーコン』『ビッグマックBLT』は夜マックのに対応しないのか?

ビッグマックBLT公式画像

【記事スタイル】独語/会話調/商品紹介

最近のマクドナルドのニュースはいい感じですね。ヒースです。

 

マクドナルドからビッグマック生誕50周年の記念キャンペーンが発表されました。

瞬殺で完売のビッグマックソースの再販もありますが、自分としてはやはり限定メニューの『ビッグマックベーコン』と『ビッグマックBLT』が気になります。

カサノバ社長になってからのマクドナルドは既存品に手を加えることが非常に多くなったので、いよいよビッグマックも期間限定で別の味わいが楽しめます。

 

発売開始は4月18日の水曜日から。

ちょうど1週間後からの発売になるので、摂取カロリーに備えて減量をし始めるのには良い頃合いですね。

 

ビッグマックベーコン

ビッグマックベーコン公式画像

 

ビッグマックにいつものベーコンを2枚サンドしたボリュームバージョン。

なんだかんだマクドナルドはこのベーコンに頼った感じがありますが、簡単にボリュームを演出するにはピッタリなので仕方ないのかもしれないですね。

ただのビッグマックでも充分にボリュームがあるので、たった2枚とはいえベーコンのパワーはあなどれないので、こちらのバーガーはそれなりにおいしいんじゃないでしょうか。

 

公式サイトでは発売まで栄養情報が乗らないので事前にカロリーや糖質量を調べることができませんが、糖質に関してはビッグマックとほぼ同じ(糖質量41.9g)と見て間違いないでしょう。

カロリーはベーコンの分は増してしまいますが、あわせてたんぱく質も増えますので、余計なカロリー分はちょっと運動することで消費しちゃいましょう。

 

ビッグマックBLT

ビッグマックBLT公式画像

 

見た目はビッグマックベーコンとそっくりですが、チョコンとマクドナルド風トマトが乗っております。

マクドナルドはそろそろモスよろしく分厚いトマトにしてくれてもいいんじゃないかと思うけど、それで価格が高くなってもアレなのでこのサイズでBLTと名乗るのをよしとしておきましょう。

そもそもビッグマックには元々レタスが使用されているので、レタスを増量しない場合はベーコントマトビッグマックと名乗るのが本当は正しいんじゃないですかね。

 

ビッグマックにベーコン2枚をビッグマックベーコン、ビッグマックにベーコン1枚とトマトをビッグマックBLTにしておけば差別化が進んだのに、ビッグマックBLTにベーコンが2枚あると、その2種類がトマトの有無しか差がないのでちょっとつまらない気もします。

①ビッグマック → ビッグマック+ベーコン2枚 → ビッグマック+ベーコン2枚+トマト1枚

②ビッグマック → ビッグマック+ベーコン2枚
          ビッグマック+ベーコン1枚+トマト1枚

選択肢を増やす場合は①の並びではなく②のようにビッグマックから2分岐にしてもらうと、どっちにしようかなぁ、と悩みながら選ぶ楽しみが出るので、方向性の異なる商品構成にしてもらったほうが個人的には良かったですね。

 

今回はこのビッグマックBLTがシリーズで一番高い(490円)ので、3月権利確定のマクドナルド株主優待券の使いどころがまたひとつ増えましたね。

 

夜マックでビッグマック50周年を記念しちゃおう

ビッグマック公式画像

 

ビッグマックを夜マックで倍パティにしてもメガマックと何らの違いがなくてもおもしろくありませんでしたが、いよいよここに来て限定商品が登場したので、これらが夜マックに対応していればベーコンこそ2倍になりませんが、『メガマックベーコン』と『メガマックBLT』になるわけだから、いずれにしても今までマクドナルドになかった商品の誕生です。

単品価格が590円に到達しますが、倍ビッグマックBLTの存在感はすさまじいものがあるでしょう。

マクドナルドの高さ最厚候補になるので、食べるのが困難なバーガーナンバーワンにもなりそうです。

限定商品の場合は必ずしも夜マックに対応するとは限りませんが、対応するようであればチャレンジしたいメニューにラインナップしたので発売時に夜マックの一覧に加わっていることを希望します。
(現時点では対応も非対応もわからない)

 

サイドメニュー

 

今回のビッグマック生誕50周年記念に合わせて、サイドメニューとして『グランドポテト』と『グランドコーク』の再販も決定。

こちらはロカボ的には悪魔の食べ物であり、決して勧められるものではありませんが、その圧倒的なサイズ感そのものには魅力がありますね。

糖質制限に関わりのない人は、今回は株主優待券を入手して『倍ビッグマックBLT』『グランドポテト』『グランドコーク』のセットと交換すると非常にオトクになります。

単品490円→セットで790円→グランドセットで890円→夜マックで990円

4月末の出始めの優待券は金券ショップで650円程度で購入できるので充分ペイできます。

ビッグマックキャンペーンは5月末までの実施なので優待券を使うチャンスは充分ありますね。

せっかくの機会なので、倍パティグランドセットの圧巻のサイズ感でマクドナルドを楽しんじゃいましょう。

 

まとめ

 

以前マクドナルドの夜マックについて取り上げた時に、限定品の夜マック対応がどうなるかという部分にもフォーカスを当てていたので、今回のビッグマックキャンペーンがちょうどいい試金石になりそうです。

 ヒースブログ
ヒースブログ
https://heath-blog.com/2018/03/24/gourmet10-mac05-nightmac02/
ロカボ、グルメ、激辛、書評、ラノベなどの情報を幅広く更新する”ヒースが綴るブログ”です。

 

これで限定品は対応しないとかだとちょっとガッカリですね。

夜マックが期間限定ではない以上、みんな新商品が夜マックに対応すると思っちゃうはずなので、限定だけ非対応とするのはあまり良くないですね。

数量限定は株主優待券でも交換できないので、バリューセットとしても扱われません。

今回のビッグマックベーコンとビッグマックBLTは+100円でグランドセットに変更できることから、おそらくバリューセット扱いになるはずなので、その時点で夜マックへ対応していないのはおかしいのできっと対応していると思います。

今後はマクドナルドは新商品の発表時に通常の姿(昼マック)と真の姿(夜マック倍パティ)を一緒に発表するのがいいんじゃないかなぁ。

インパクト勝負にはなるけど「うわ、あれ食べたい!」となれば勝ちです。プロモーションとして成功しています。

 

もともとビッグマックはほとんど食べないのですが、BLTはなんか気になります。

夜マックチャレンジはぜひぜひしてみたいところなので、来週がちょっと楽しみになってきました。

株主優待券で買いたい価格なので、まずはそれを入手するところからはじめようかな。
無理だったらクーポンで購入すればいいし。

 

では、また次回お会いしましょう。

 

 



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください