【マクドナルド】がんばれマックリブ! 1票入れたけどダントツ最下位(泣)【レギュラー争奪】

マックリブ20180513

【記事スタイル】独語/ですます調/商品紹介

ようやくマックリブを1食分だけ投票できたヒース(@heath_blog)です。

そんな応援力の低さからなのか、5月13日時点でのマックリブは3種の候補バーガーの中でなんと第3位と最下位の座に甘んじてしまっています。

5月12日時点でも3位だったので、ちょっとずつ1位のてりやきチキンフィレオとの差が広がっています。

まだキャンペーンは始まったばかりなので巻き返しは充分可能なはずです。
マックリブ愛好者としては期間終了までマックリブにどんどん投票していきたいと思います。

 ヒースブログ
ヒースブログ
https://heath-blog.com/2018/05/08/gourmet16-mac10/
ロカボ、グルメ、激辛、書評、ラノベ、SNSなどの情報を幅広く更新する”ヒースが綴るブログ”です。

 

5月13日時点での3種バーガー得票数

たまごダブルマックとてりやきチキンフィレオ20180513マックリブ20180513

 

てりやきチキンフィレオ>>たまごダブルマック>マックリブ

たまごダブルマックとの差はわずかなので、ちょっと離れているてりやきチキンフィレオを射程圏内に収める必要があります。

ちなみに昨日の5月12日時点では以下の得票数だったので、マックリブとたまごダブルマックとの差は25000から13000までちょっとだけ縮んでいます。

たまごダブルマックとてりやきチキンフィレオ20180512マックリブ20180512

 

てりやきチキンフィレオが依然強いので、このままだとそのまま1着ゴールを許してしまうかもしれません。

我こそはマックリブファンという方は、マクドナルド公式Twitterのリツイートでも1点を稼げるので少しでも得票数を増やしてください。

もちろん1食でも多くマックリブが出回るのが一番得票数が伸びますので食べるのが一番です。

 

3種バーガーの三大栄養素とカロリー

 

せっかくなので、それぞれのバーガーのカロリー(kcal)とP(たんぱく質)F(脂質)C(炭水化物)を載せておきます。

公開されている情報をまとめるくらいだけど、これをやっておかないとロカボのブログとしては何らの意味もないですから。

 

たまごダブルマック

たまごダブルマック公式画像

重量:206g 569kcal たんぱく質29.9g 脂質36.7g 炭水化物29.0g

 

てりやきチキンフィレオ

重量:199g 495kcal たんぱく質20.1g 脂質21.4g 炭水化物55.8g

 

マックリブ

マックリブ公式画像

重量:176g 537kcal たんぱく質17.6g 脂質35.0g 炭水化物38.2g

 

おや、これは栄養価だけ見ればたまごダブルマックの圧勝ではないか。

たまごとパティ2枚なのでたんぱく質は一番多いし、炭水化物が一番低いのがいいですね。
カロリーが一番高くなっているのは脂質も一番高いし重量も一番重いからでしょう。

カロリーベースではてりやきチキンフィレオが一番少ないけど炭水化物が一番高くなっているので、こちらの常食は難しいですね。

マックリブはたんぱく質が低く脂質が高いのでカロリーも高めですが、炭水化物(糖質)はロカボの範疇に収まっているので、単品なら毎食でも糖質制限できていることになります。

さすがに毎食はやりすぎですが、食べたいときに食べても大きな問題にならないのはいい感じです。

 

ダブルマックリブ

ダブルマックリブ公式画像

マクドナルド公式ニュースリリース

 

ちょっとネットサーフィンをしていたら、2008年の10月に発売されいていた『ダブル マックリブ』の記事を見つけたので画像を使わせていただきました。

これが夜マックの倍パティで実現される未来予想図になります。

すでに過去に商品化されていましたので、夜マックに対応してもなんらの不思議もありませんね。

これはぜひともマックリブを第1位に押し上げて、2008年そして2011年に商品化されていたダブルマックリブをみんなに味わってもらいましょう。

 

まとめ

 

レギュラー争奪投票キャンペーン期間はまだ続きますので、最終結果はまだわかりません。

売れた数以外の要素での得票もあるので、こういうものは最後にいきなり結果が変わったりすることもあるのでまだあきらめるにはさすがに早すぎます。

以下にマクドナルド公式Twitterとレギュラー争奪投票ページをリンクしておきますので、是非ともこの3種バーガーの戦いの過程とその結果をたのしんでください。

 

 

では、マックリブの1位獲得を期待して今回の話は終わりにします。

 



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください