SUNAOスペシャル『抹茶』『紫芋』がローソン先行販売!

アイキャッチ「ロカボ」

【記事スタイル】独語/ですます調/商品紹介

ロカボスイーツの存在は非常にありがたいですね。ヒースです。

さて、今回はたまたまローソンに行った際にSUNAOの新シリーズを発見したので、新シリーズや旧シリーズに関してのお話となります。

 

SUNAOシリーズといえば、豆乳ベースで作られた低糖質のアイスとなります。

ジャンルは『ラクトアイス』となり乳脂肪分がやや少なめですね。

グリコの技術を駆使しているので、ややあっさり目ではありますがしっかりとしたアイスとして完成されています。

1カップまるまる食べても80kcalかつ糖質量10g以下とロカボの定義にも合致してますし、カロリー制限でも脂質制限でもオールオーケーですね。

こういう企業努力が実を結んだ商品が簡単に手に入る世の中は非常にありがたいですよ。本当に。

 

そして今回登場したのはそんなSUNAOシリーズの高級版となる『SUNAOスペシャル』シリーズとなります。

ローソンで先行販売中となり、従来版がバニラ味、チョコクランチ味、ラムレーズン味に対してスペシャル版が宇治抹茶味と紫芋味となります。

パッケージも黒をベースとしてリッチ感が出ていますし、アイスコーナーで見つけたときはよく目立っていました。

残念ながらカロリーは通常版が80kcalに対して120kcalと1.5倍となってしまいましたが、もちろんこれには理由があります。

今回のシリーズがスペシャルを名乗っているのは、アイスの規格がラクトアイスではなく『アイスクリーム』になっているからでしょう。

アイスクリーム規格は乳脂肪分が高いので、当然脂質が高くなります。

脂質は1gで9kcalなので、必然的にカロリーも高くなります。濃厚さを求めるならある程度脂質が高くなるのは仕方がないでしょう。

濃厚さを求めると糖質が高くなる場合もあるので、糖質はSUNAO通常版と変わらずほぼ据え置きなのでロカボ視点では高級版の登場は悪くないですね。

 

販売価格はそれぞれ税込み216円なので、通常のSUNAOよりはやや高くなります。

アイスクリーム規格になった分の値上げでしょうから妥当な範囲だと思います。

 

通常のSUNAOでも充分においしくいただいていましたので、こちらのスペシャルももちろんよりおいしくいただけるのでしょう。

残念ながら今回は購入しなかったので実物写真や実食レポートができませんが、存在を知らなかったのはちょっともったいなかったと思います。

今年の3月27日から既にローソンで先行販売されていたようなので、もっと早く見かけていてもいいはずですが今日初めて気がつきました。

しばらくアイスコーナーを見ていなかったんでしょうかね? そんなこともなかった気がしますが。

 

SUNAOスペシャルをTwitterで検索すると高評価がたくさん発信されているのがわかります。

糖質セイゲニストやダイエッターにとってはSUNAOでも充分だったのですが、SUNAOスペシャルでアイスクリーム規格になった影響が大きそうです。

糖質量を抑えたまま濃厚さを生み出してくれたグリコさんには、糖質セイゲニストとしては感謝しかありません。

ロカボのスイーツ条件である糖質量10g以下であることは非常に大きいです。

 

次にローソンに行った際には宇治抹茶味と紫芋味の両方を買ってみることにします。

糖質制限中で何言ってるんだ、というくらいのさつまいも好き(特にほしいも)なので、どちらかといえば紫芋味が大変たのしみです。

今日買わなかったのはホント失敗だったとしか言えないんですが、ローソンがすぐ近くにあるからリベンジは簡単なので、すぐにリベンジします。

 

新商品のニュースにはアンテナを貼っているはずですが、こうやって漏れるものもままありますね。

もっとしっかりと情報を集めないとダメですね。がんばります。

 

 



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください