【ブログ】WordPress5.0系でパーマリンクを変更する方法。

【ブログ】WordPress5.0系でパーマリンクを変更する方法。

WordPress5.0にバージョンアップしたら、大事な大事なパーマリンクの設定ができなくなってしまった。


そんな目に遭っていませんか?


これは、新しいブロックエディターでパーマリンクの挙動が変わってしまい、すぐに設定・変更ができなくなってしまったことが原因となります。



解決方法はとてもシンプルです。




『一度下書き保存する』




これだけです。

目次

パーマリンクの設定・編集方法


タイトル部分を編集しようとすると『パーマリンクの変更』ボタンが表示されていますが、下書き保存をする前はなぜか”パーマリンク設定画面”へ飛ばされます。

もちろんそこでは各記事のパーマリンクを変更できません。


すでに設定済みの”パーマリンクをどのルールで記述するかを決める”ことができるだけです。

設定はしてあるでしょうから、そこへ飛ばされてもまるで意味がありません。



サイドバーもただプレビューするだけで編集・変更することができません。



「パーマリンクを設定したいのに、設定する場所がない!」



このパーマリンクの変更がすぐにできないというのが、WordPress5.0系のブロックエディターで最初につまづきやすい部分の筆頭だと思います。



一度下書き保存をしてしまえば、サイドバーのパーマリンク部分に”URL”という入力欄が表示されるようになります。


最初はタイトルが入力されているので、うっかりそのまま投稿しないように気をつけましょう。

日本語タイトルはSNSでシェアする際にありえないくらい長いURLになってしまうので、見た目の問題もあり好ましくありません。

しっかりと自分ルールでパーマリンクを変更しましょう。


また、タイトル部分のボタンもいつのまにか『パーマリンクの変更』から『編集』に変わっているはずです。


こちらにもタイトルがそのまま入っていますので、タイトルかサイドバーのいずれかで編集してください。

どちらかの編集で同じパーマリンクが反映されます。

パーマリンクの設定・編集方法まとめ


WordPress5.0系のブロックエディターでパーマリンクの編集ができずに困る、というケースは最初の1回だけかもしれません。

ただ、その1回目がかなり困りますよね。


やり方がわからないことほど不安なことはありません。


”ただ下書き保存を一度する”ということは、初見ではわからない場合がほとんどだと思います。


下書き保存をするまでは、今までできていたパーマリンクの設定ができない、という状況はなかなかシビアです。


記事を完成させて、いざ投稿前にパーマリンクを設定しようと思ったら『パーマリンクの設定』に飛ばされるか『記事がプレビュー』されるかの2択しかないのはおかしいですよね。

解決策が下書き保存というとてもシンプルなものですが、一度わかってしまえばタイトルをつけて下書き保存し、その後にパーマリンクを変えればいいという流れで定着します。



新しいエディターが使いにくいからと、いつまでもクラシックエディターを使い続けるのもそれはそれでいいとは思いますが、せっかくの多数の新機能があり、今後ますますそれが増えて主流になることを考えればブロックエディターを使いこなすのが選択肢としては正しいと考えています。


ひとつずつ詰まった部分を解消して、ブロックエディターですばらしい記事を書けるようにがんばっていきましょう。

Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次