MENU

第1話実験シリーズは中断することにしました。

2020 5/17
第1話実験シリーズは中断することにしました。

『ヒースブログ』オーナーのヒースです。

カクヨム、ならびに小説家になろうで試験的に始めた『第1話実験シリーズ』ですが、第3弾までやってみましたが、このテストそのものは今やってもそれほど価値が出ないので中断することにしました。


開始してすぐに中断するのは、やはり懸念点のひとつである第1話を読んで無言のまま第2話を待っている可能性のある読者の存在です。

こちらとしては読者が無言だった場合に反応を見ることができるのは、PVとユニークユーザーのみとなります。

1話しかないから基本的にいずれも1。結果を言うとなにもわからない。


つまり、小説家になろうで1話だけの場合、あらすじだけを見てPV1、1話まで見てPV2ですね。ユニークユーザー数はもちろん1。

ブックマークがあればそれの増減でわかりますが、1話だけなのでおもしろいのかどうか判断がつかない場合はブックマークされません。



結果の善し悪しの判断そのものが難しいテストなので、やってもいたずらに第1話のみの未完成作品が羅列するだけでその残り方もあまりよくありません。

いずれ10話まで書いて投稿した場合の反応テストも試みようと思っていたので、それであれば最初から10話投稿シリーズとして再出発したほうがマシだと考えるようにしました。



10話あれば読者の動きはわかる。

10話まであればブックマークをもらえる可能性もある。

なんの反応もなければ求められていない作品として早めに決着をつけることができる。これこそが10話投稿シリーズのメリットとなります。


100話も200話も書いてしまう前に、軌道修正が効く内に見切ってしまうほうが著者も読者もハッピーですからね。

完結処理をしたあとに思いがけず反応があった場合は、世界観を共有した続編を書いてもなにも問題はないのですから。



以上の理由により、第1話投稿シリーズはそもそもの初期設定の思考不足ということで中断とします。


今回のテストで第1話のみを投稿した3作品、

『最強魔王は世界を救えない!』

『放浪召喚士ユリアスは巻き込まれ体質で今日もやっぱり巻き込まれる』

『僕は僕のドッペルゲンガーを倒して限界突破して最強を目指す』

に関しては以下の運用とします。


『僕は僕のドッペルゲンガーを倒して最強を目指す』を先行して10話投稿してみます。

『放浪召喚士ユリアスは巻き込まれ体質で今日もやっぱり巻き込まれる』と『最強魔王は世界を救えない!』はその間に続きを考えておきます。


見切り発車でスタートしたこの企画ですが、個人的には埋もれていた作品を再考するというプロセスを辿れたことでとても価値があります。


3作品はすべて昔ちょっとだけ書いて未完で埋もれていた作品を発掘して、今の文体で書き直したものです。

ある程度の設定ができている過去作品は、それが完結品であれ未完結品であれリメイクすることで世に出すことができます。今改めて書き直すという部分が経験値にもなりとても重要なので、行為そのものは決してムダではないでしょう。

なにも書かないよりは、少しでも書いたほうがモノカキとしてのレベルは少なくとも下がることはないですから。



では、このあたりとします。

次の活動報告は10話投稿シリーズに舞台を移しての継続となります。

Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる