ウェアラブルネックスピーカーが思ったより使えるやつだった。

『ヒースブログ』の管理人のヒースです。

Amazonのブラックフライデー&サイバーマンデーでいくつかの商品をウォッチしていて、確実に買おうとしていたのがパートナー用のBluetoothワイヤレススピーカー。

壊れてしまっていたので、次のセールにを狙い撃ちして、なんとなく良さそうで安めのJBL製『GO2』のレッドをセレクトした。


他に購入候補だったものが

・モバイルモニター

・NintendoSwith用のBluetoothアダプタ

そして

・ウェアラブルネックスピーカー

の3つだ。


結局モバイルモニターだけはスルーし、先のJBL『GO2』と併せて残りの2点も購入した。

このワイヤレスアダプタは、スイッチ購入と同時に手に入れたAirPodsがま・さ・か・の! ……スイッチのBluetooth機能では使えなかったというショッキングな出来事をくらったときからずっとずっとほしかったものなのだ。

…………実に3年越し(!?)の購入となる。


結局、3年の内にAirPodsがバッテリーが死に、左側のイヤホンはワイヤレスが弱すぎて壊れてしまったので、連携させることになったワイヤレスイヤホンはAnker製の別のもの(こちらもAmazonで購入)になってしまったが、普通に使えるのでヨシとした。

スイッチのUSB-C端子からちょこっとはみ出るだけのこのサイズのアダプタだけがほしく、他の大きく無骨なものは候補対象外だったので、ブラックフライデーセールにこのアダプタが入ってきたのはとてもありがたかった。

ナイス、Amazon!

そして、ウェアラブルネックスピーカー。

3Coinsでも売っている。首に引っ掛けて使うタイプのワイヤレススピーカーだ。

こちらもちょうどよくブラックフライデーにたくさんの種類がラインナップされていたので、コスパの良さそうなこちらをチョイス。


ポイントは軽量であること。

そして、なんとなくカッコよさそうな感じであること(←かなりポイント高い)

3Coinsのウェアラブルネックスピーカーは、レビューとかを見るとそんなに良さそうな感じを受けなかったので、衝動買いをせずに良かったという結果となる。

今回買ったものは音こそ軽めだが、本体も軽いので、長時間装着していても肩や首が重いということもない。なにより、イヤホン型では耳が痛くなるし、ヘッドホン型では頭のてっぺんが痛くなってくる(マシなやつを使っていたとしても)ことがネックタイプでは起こらない。

長時間使える――というのは重要度が高いので、それだけで及第点。

また、イヤホン型にしろヘッドホン型にしろ、周りの音が聞こえなくなる(それがいいという面はもちろんある)のは自分にとってはデメリットであり、音楽を流しながらもあまり超集中状態にならないようにしている。

だから今まではワイヤレススピーカーを使っていた。

夜の作業が多いため、音の方向を自分よりうしろにあまり響かせたくないこともあり、前に向けて音が出るウェアラブルネックスピーカーが最適解となった。

実際うしろ側にも当然音は抜けているのだが、スピーカーの物理的な向きが身体の正面方向だし、音もそこまで大きく出していないので従来よりは静音になっているはずだ。

いずれにせよ、軽いし音が前に出るというメリットがとても大きい。

そして存外安い。

現時点では買って正解の商品だとしか言えない。

ちなみに、買わなかったモバイルモニターは13.3インチでUSB-C接続、NintendoSwithのモバイルモニターとして、またMacBookのサブモニターとして使いたい思惑でウォッチを続けている。

でも、必須かといえばそうでもないので結局ポチることはできなかった。

Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる