年収300万円台で人生100年時代を生き抜くには複業が必須。

複業のススメ アイキャッチ

人生100年時代、そして働き方改革。


政府も掲げるお題目ですが、こと一般人の目線からは不安しか出てこないという気がしませんか?


・年収は300万円台しかない。

・貯金もない。

・年金は払っているけど、もらえるかどうかもわからない。


今の20〜30歳の方には厳しい環境が続きます。


人生100年時代を生き抜くためには”複業”をしないといけない時代になっています。

複業のススメ


ところで、そんな現状を変えようと思ったことはありますか?

ただ漫然と日々を過ごしていないでしょうか?


仕事から帰ってきたら、ご飯を食べてお風呂に入って、スマホをいじったりテレビを見たり。

疲れているので、それが終わったらあとは寝るだけ。この繰り返し。



そのままで本当に良いのですか?

年収300万台、そして人生100年時代。


今と変わらない生活を過ごすだけではこの先まともに過ごすことが困難な未来が予測されています。


自分を守れるのは自分だけ。



だからこそ、本業に並ぶ収入源である副業を持つ。

アルバイトではなく、本業と肩を並べる本気を投入した副業。



本業をたくさん持つこと=複数の本業=複業



副業と複業では同じ発音でも意味合いがまったく異なります。

副業と聞くと、仕事が終わったあとの深夜のアルバイトとかで時間労働しかイメージできないかもしれませんが、体力も収入額も限界があります。


もうすでに、これからの複業はインターネットを活用して、スキマ時間を使い、自宅でもカフェでも会社の休憩室でもお昼休みや通勤時間にも、いつでもどこでもできる時代になっているのです。


あなたも、現状維持を続けることで未来を見失うのではなく、自分の好きなことを活かした複業を始め、明るい未来を迎えてみたくはありませんか?


『複業のトリセツ』なら、複業の概念、複業の方法、複業の今後、インターネットを活用した複業をオススメする理由などが詳しく書かれています。



複業をおこない、先の長い自分の将来を暗いものではなく明るいものとし、たのしく活力的に生きてみませんか?

消費世代は年収300万円台が多い


あなたが今30歳だったとしましょう。

平均年収は450万〜といったところでしょうか。


もちろん、男性と女性とではかなりの差があります。

女性は結婚や出産などで退職や休職をし、復職をした場合も時短勤務やパート勤務などで収入が激減するケースが多いからです。


なので、男性のみに限れば、プロジェクトのリーダーや管理職への登用、またはキャリアアップでの転職等で収入が増えることが多くなります。

平均値よりも多く収入を得ている方もたくさんいると思います。



でも、それは”すべての30代男性”に該当するのでしょうか?


全員が管理職?

全員が好条件で転職?

全員が毎年確実に収入が上がっている?



そんなことはまずないですよね。

”普通”の生活を送っている人が、年齢を重ねただけで収入が増える”年功序列”や”終身雇用”の時代はもう終わっています。


自分を磨き会社に貢献をした方や、コツコツと成果を積み上げた方が成功ルートに入るだけで、大多数の人は”あまり変わらない条件”で働き続けるのが現代です。



厚労省がモデル就業規則から”副業を禁止する原則”を取っ払ったのがすべてを物語っています。


なぜ、多くの会社がほぼそのまま使うモデル就業規則にわざわざ副業を禁止する原則を無くしたのか。


それは、



本業ひとつで人生100年時代を生き抜くのは無理だから



こう断言していいでしょう。



ひとつの会社に人生を捧げて、それで老後も安心して暮らして、健康な内にポックリ逝きたい。


――無理です。

あきらめましょう。



あなたの両親や祖父母が送ってきたような、昭和時代の生き方で人生を終えることはあきらめてください。


親世代はあなたに”普通の””まともな”生活を送ってほしいと思っているかもしれません。

ですが、もうステージは変わっています。



人生100年時代を生き抜くためには、複業をおこない、自分が満足する生き方と収入を得ることがなによりなのです。


親が望む安定した暮らしを送るためにこそ、今よりも一歩進んだ生き方をする必要があります。


※年収については平均年収.jpに詳しい情報が掲載されています。

人生100年時代を生き抜くためには複業が必須


複業とひと口に言ってもいろいろとあります。

最初に挙げた時間労働――つまりアルバイトも複業ではあります。副業寄りですが。


・アルバイト

・インターネットオークション

・せどり(転売)

・ハンドメイドの商品を売る

・メルカリで持ち物の売買

・ココナラやランサーズなどでスキルを売る

・シェアリングエコノミーで自宅や車を貸し出す

・インターネットビジネスを始める


多種多様です。



自分に物やスキルがある場合は選択肢が拡がりますが、そうでない場合は『副業のトリセツ』でも紹介されている『インターネットビジネス』がオススです。


インターネットビジネスという単語だけで「怪しい」「詐欺」などのマイナスワードを思い浮かべてしまうかも知れませんが、『ブログを書く』こともインターネットビジネスのひとつとなります。



そう、まさに今読んでいる文章これそのものがインターネットビジネスになりうるのです。


あなたが気に入った商品や、オススメの料理店、困ったことを解決した方法、料理のレシピ、ディズニーランドでアトラクションを効果的にたのしむ方法などなど。


自分の好きをシェアすることが、もうそれだけでインターネットビジネスです。


もちろん、無料のブログサービスでただ毎日の日記を書くだけで複業と言えるほどのお金を稼いでくれることはありません。

ちゃんとしたノウハウがありますので、キチンと勉強して、トライ&エラーで成功方法を身に付けるまで継続することが大切です。



「えっ……そんなのめんどくさい……」



もしかしたらこう思っちゃったかもしれません。


冒頭でも述べていますが、本業と同じくらい本気の副業、それが複業です。


あなたが会社員だとして、会社のマニュアルを覚えたり、あいさつを徹底的に繰り返したり、お金をかけて服装や髪型などにも気を配りますよね?

最初は失敗をしながら、どんどんと仕事を覚えていませんでしたか?


それで成長して成果を出すことで、会社から給料を20万なり30万円受け取っているのです。



なぜインターネットビジネスになった途端に、勉強は嫌だ、失敗したくない、ラクして儲けたい、となってしまうのでしょう。


結局、まだ複業という概念が浸透していないからです。



努力した分は確実に自分の肥やしになります。

すぐに結果が出ることはないかもしれませんが、”失敗は成功の母”と言うように、失敗を繰り返した先に成功があるのです。


インターネットビジネスは初期投資が非常に少ない効率の良い複業なので、本業の収入がある間に、まずは無料サービスでもいいので、どんな内容が気に入られるのか、評価されるのか、感謝されるのか。

少しずつ勉強して「これはイケる!」という感覚を得られたら、いよいよ初期投資を投入して、”複業としてのブログ”をスタートしてみてください。


複業としてのブログは奥が深い


ブログを始めるのは簡単ですが、ことお金を稼ぐという目的になった場合は難易度が上がります。

ですが、構えすぎないでください。


今は関連書籍も豊富にありますし、ブログやTwitterでもブログの書き方やアクセス数の伸ばし方、売上の付け方などがわんさかとあります。

無料情報も多数ありますので、何万何十万というセミナーやコンサルティング、情報商材を購入したりする必要はありません。
(こちらは本気の本気でやる場合は、必ずしも怪しい値段設定ではありませんが、慣れない内は不要です)



ブログで稼ぐということがどういうことなのかは、同じ筆者の『ブログ飯』を読むといいでしょう。ブログ初心者の内に読んでおくと学べる部分が多くあります。




ブログを使ってお金を稼ぐ場合の方法は大きくわけて3つあります。

・GoogleAdsenseで広告収入を得る。

・アフィリエイトサービスを使って紹介料を得る。

・自分の商品を買ってもらう。




ひとつ目のGoogleAdsenseを使って収入を得たい場合は、通称”のんくら本”と言われる『Google AdSense マネタイズの教科書[完全版]』を読むことをオススメします。


最初は難しくて何を言っているのかよくわからないかもしれませんが、この本にはGoogleAdsenseで収入を得る方法が惜しみなく書かれているので、むしろ最初に出会ってほしい一冊となります。




ふたつ目のアフィリエイトサービスを使って収入を得たい場合は、通称”ルカルカ本”こと『アフィリエイトで夢を叶えた元OLブロガーが教える 本気で稼げる アフィリエイトブログ 収益・集客が1.5倍UPするプロの技79』がオススメです。


アフィリエイトはGoogleAdsenseとは異なり、ブログに人が集まるだけでは収入にならない場合も多いです。

基礎をしっかり学び、稼げるための記事作りをして、成果が出ずにくじけて続けられなくなるリスクを避けましょう。




みっつ目の自分の商品を買ってもらって収入を得たい場合は、当然ですが”自分の商品”が必要になります。

ハンドメイドアクセサリー、洋服、バッグなどの装飾品や、イラスト、コラム、絵本、小説、ノウハウ本などのデジタルデータなどが該当するでしょう。

自分の強みを活かしたものづくりができる場合は、一点物の価値がつきますので、うまく立ち回ればファンづくりと収入確保の両面で有利になります。


こちらは参考になる書籍等としては、自分の商品を売るための商品紹介ページ(キラーページ)作りと、そこに辿り着くための導線としてのサイト作りを勉強するのがオススメです。

『沈黙のWebライティング —Webマーケッター ボーンの激闘—〈SEOのためのライティング教本〉』なら、ストーリー形式でどういう書き方が人の心に響くのか、つい読み進めたくなるのかというライティング技術を学ぶことができるのでオススメです。




3つの方法をどれかひとつにしないといけないという制限もありませんので、ひとつのブログで複数の収入方法を盛り込んでもいいし、それぞれ別のサイトを立ち上げても問題ありません。

自分が好きにおこなうことができ、管理することが可能な範囲で収入源を分散しておくことも大切です。

人生100年時代を生き抜く複業のススメのまとめ


100歳まで生きる場合は生活費がたくさん必要になります。

年金もいつまで払うようになるのか、いつからもらえるのか、いくらもらえるのか。不透明な部分が多すぎます。


自分の未来は自分で責任を持って確保しないといけない時代となりました。


本業だけではなく、本業に相当する副業。

しかもそれを複数抱えて(副業)、人生の豊かさと収入源の分散をする必要があるのです。



自分の得意や好きを収入にする方法で、リスクが少なく手軽に始められて、失敗してもやり直しが効き、うまくいった場合には大きく稼ぐことができるインターネットビジネスとして、ブログが複業に向いていることを説明しました。


ブログを収入にする場合は、継続がとにかく大事です。


成果が出るまでの期間。

成果が出始めてから伸びるまでの期間。


思ったほどの収入にならず、凹むこともあると思います。

でも、続けた先にしか成果はないのです。



成功するまでの期間には個人差があります。

それはジャンル選定もあります。ライティング技術もあります。その人の人となりもあります。


万人がブログで稼ぎたいと思って始めてすぐに成果が出るようなら、日本1億総ブロガーになっています。

でも、そうはなっていませんよね?



本業である社会人生活が大変なように、複業であるブログ飯も簡単ではありません。

本業と同じくらいの本気と情熱を叩き込んで、ようやく一本の確かな収入源になります。


あきらめずに試行錯誤をしながら継続すること。

失敗の先に成功が待っています。



もし失敗をしたと思ってもリトライ可能です。


ひとつのブログに執着することはありません。

成功するまで続けましょう。



年収300万円台の人生100年時代では、現状維持をしているだけではまともな生活を送ることすら難しくなります。

1日でも早く複業を始め、1日でも長く複業を続けることが肝心です。



また、収入がある程度あっても複業をおこなう『パラレルキャリア』というものもあります。

必ずしも報酬を得なくとも、第二・第三のキャリアを築き上げることで、自分のスキルアップや夢の実現や社会貢献をおこなうことができます。


活動を進めた先に報酬が発生して収入源になるかもしれませんし、ならないかもしれません。

それでも、本業一本ではリスクとなるのは今の時代としては共通しています。

自分の幅を拡げるため、本業にフィードバックするため、純粋に誰かのために活動するのが好きな場合は、パラレルキャリアという生き方も良いでしょう。



明るい未来を思い、今苦労しましょう。


Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。




ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください