MENU

時間がなくても1分から5分でサクッと読める。マンガも小説もショートショートが今熱い!?

2019 11/01
時間がなくても1分から5分でサクッと読める。マンガも小説もショートショートが今熱い!?

『ヒースブログ』オーナーのヒースです。


仕事や家事はもちろん、YouTubeやSNS、ソーシャルゲームなどで「時間がない!」という場合にオススメなのがいわゆる「ショートショート」。


ショートショート(SSとも言う)とはマンガや小説がとても短いページ数でまとめられている超短編のこと。

2時間の映画や小説1冊は時間がかかりすぎる。

YouTubeも長い動画も増えてきて、なんだかんだで短い動画ばっかり見ている。

すぐに結末が知りたい。


そんなときには、1作品あたり1分〜5分くらいでサクッと読み終わるショートショートはとても相性がいいと思う。

小説 マンガ ショートショート


『ショートショートの宝箱』は10ページ前後の短いお話が30作と盛りだくさん。


作者もそれぞれ違うので、書く人によって内容は大きく変わってくる。

好みの作品があるかもしれないし、いまいち納得いかない展開と感じる作品があるかもしれない。


1冊まるまる同じ話の”普通の小説”ではないので、ちょっと読めばすぐに結末がやってくる。その時間が5分程度となる。


早く読める人はもっと短い時間で読み終わるので、スキマ時間での読書にちょうどいい。

『5分後に意外な結末』シリーズは、『ショートショートの宝箱』とは異なりひとりの作者が書いたショートショートとなる。


タイトル通り5分くらいで読めて、その中に意外な結末(どんでん返しとか、盲点とか)がたっぷりと楽しめる。


小説には敢えて書かないことで読者を誘導する”叙述トリック”という技術があるが、作者に見事に誘導されると、
「うわぁ、そう来たか!」
とか
「えっ!? どういうこと???」
とか
「……あー、そういう意味だったのか」
とかになる。


見事な伏線や叙述トリックで、読んでいる内に”だまされる快感”に目覚めちゃうかも!?

『尊い。4Pショート・ストーリーズ』はわずか4ページという短さなのに、まさに『尊い』としか言いようのない恋愛模様が種々様々な形で描かれている。


筆者が普段買わないジャンルの本なんだけど、本屋でたまたま見かけた際に衝動買いをしてしまった(^_^;)

ちょうど短いお話を収集していた際に目にしたので、この出会いは運命だったのかもしれない……なんて、ちょっと大袈裟かな?

それくらい「買って良かった!」と思えるちょうどいい感じのショートショートだった。



『尊い。4Pショート・ストーリーズ』はTwitterで活躍している作家さん25名による合作となっている。

4ページという短さだからなのか、逆にキャラの印象が強く残り、爽やかな読後感で次々と読んでしまう。


短いのに、不器用さとかクールさ、かわいらしさやかっこよさも良く表現されていて、
「続きが読みたい!」
と思っちゃうほどどの作品も魅力的だ。


4ページだからこそ序盤の演出と後半の結末で見た目とか性格のギャップを狙った作品が多くなっている。

このギャップが見事にハマると、
「……尊い!」
とタイトルどおりに唸ることになる(笑)


いやぁ、実にお見事!

他にも『5分間SF』という小説もある。


設定が重要なSFをこの長さにまとめるのは相当な技術が必要だと思うけど、幅広い設定で「よくまとめられるなぁ……」と感心してしまう。


最後のお話「ユビキタス」は特にオススメ!


ショートショートは最近できたジャンルではないけど、時間をどこに使うか迷うほど選択肢の多い今だからこそ逆にショートショートがハマりやすい時代になってきたかもしれない。


5分という時間はかなり捻出しやすい。


小説だと1作品を読むのに5分くらいかかるけど、マンガなら1作品1分とかで読み終わる。


「1分でも貴重だ!」という人はさすがにマンガや小説を読まないと思うので、通勤時間とか休憩時間、食事の待ち時間などで1〜5分のスキマ時間を作り出して、ちょっとずつ読めるショートショートの読後感にぜひぜひハマってみて欲しい。

Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる