『好きなものを「推す」だけ。』の技術を使って好きなものを推す文章を書く技術を学ぼう。

『ヒースブログ』の管理人のヒースです。

好きなものをひたすらに「推す」技術。

SNS全盛のいま、一部の人が発信者となることはなく、発信者の発信を受けて、さらなる発信をすることが可能となった。

Twitter、Instagram、ブログ、Note、YouTube、など様々なSNSにより、日々、自分の「好き」を発信されているが、ただの垂れ流しだけではもちろん読まれない。

そこで、いかに「推す」か。

まるまる一冊、あらゆる方向から「推す」を上達するかの技術が満載なのが『好きなものを「推す」だけ。 著:Jini』だ。

「推す」ためには、その好きなものに対して偏愛のようなものが必要となる。

なにかに出会い、発見し、熱中する。

そして、自分が好きになったものを誰かに知ってもらいたい。好きになってもらいたい。

そのためには、「推す」べく対象をとことん観察し、ハマり、知識を蓄える。自分だけが知っている好きなものの細やかな部分を網羅する。

大量に集めた数々の「推し」をただそのまま伝えても誰にも伝わらない。

どこを切り取るか、どう伝えるか、どのように共感してもらうか。

人の心理や脳の仕組みなどでも伝え方は変わってくる。

ただ好きなものを好きと言うだけでは「推し」にはならない。「推し」には技術が要る。

その技術がこの本に詰まっている。

Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる