ステーキ食べ放題『ビーフラッシュ(BEEF RUSH)』は最安値1,499円と激安。

ステーキ食べ放題『ビーフラッシュ(BEEF RUSH)』は最安値1,499円と激安。

ステーキ食べ放題専門店のビーフラッシュ(BEEF RUSH)は最安値1,499円とあまりにも激安です。


リアル店舗を見かけてどんな店か調べようと思ってWebで探しても、ここのようなレビューしている記事しか引っかからないほど公式の情報がありません。


運営するクリエイトレストランツホールディングスももっとPRすればいいのに、なぜかビーフラッシュの公式サイトは存在しません。

公式サイトに行ってもビーフラッシュを見つけるのは至難の業です。


なぜか頑なにビーフラッシュの存在を隠しているように見えるのは、もしかしたら今回記事に興したように”とてもオトク――オトクすぎの激安だから”かもしれないですね(^^)

目次

ビーフラッシュのホームページの探し方

ビーフラッシュの詳細を確認するには、クリエイトレストランの公式ホームページに行き、以下の手順を取ることで目的の店舗情報を見ることができます。


レストランサーチページに遷移
  ↓
『BEEF RUSH』で検索する
  ↓
店舗一覧が表示される
  ↓
近くのお店の情報をクリック


ここまでやってアクセスした先も、実際は各ショッピングモールのビーフラッシュ店舗の紹介記事でした。

でも、これしか情報ないのです(^_^;)


検索の仕様というかなんというか、公式サイトでは全店の情報を一覧で表示はしてくれません。

近くのビーフラッシュに行く場合、営業時間等の情報は上記の方法で調べることができます。

食べ放題の価格設定とか、ランチとかディナーとかは事前に調べておくといいと思います。

モール系公式サイトでもビーフラッシュの情報は探せる


ビーフラッシュが入っているショッピングモールの公式サイトからでも同じ情報を得ることができます。

なにせ公式サイトからリンクされているのが、そのショッピングモールの専用ページですから。同じページ見てるから、当然同じ情報です。


ビーフラッシュはせっかく安価なステーキ食べ放題専門店というかなり優位なアドバンテージを持っているのに、それをまったく活かす気がないのが残念で仕方がありません。

値段設定以上にコスパが良いので、もっと公式サイトでPRしてもっと有名にしてもらいたいですよ。ホントに。

ビーフラッシュとは


ビーフラッシュはステーキ食べ放題の専門店です。


値段設定は平日と土日祝、ランチタイムとディナータイム、男性と女性とキッズによって結構な差がついています。

あたりまえですが、平日昼間のランチタイムが一番安く、女性であればさらに安くなりますので女子会やママ友とのランチでプチ贅沢するのもいいんじゃないでしょうか。


意外といます、そういう方。


ビーフラッシュは先述の通りとても情報が少ないです。

モール系に遊びに行った際に、ふとビーフラッシュを目にしても、一度も行ったことがなかったり、友達も行ったことがない、話に出たこともない、見たことも聞いたこともないという状態では、さすがに入店に二の足を踏んでしまいますよね?


何が怪しいって、ステーキ食べ放題専門店なのに、平日ランチの値段が安すぎて怪しさしかないですよね(^_^;)


実際、ビーフラッシュはコスパ良好のいいお店です。

でも、よく知らないとこんな風に思いませんか?


「どこのお肉を使っているかわからない」


「濃い味付けとか厚い衣でごまかしてるんじゃないか?」


「加工肉だったり、化学調味料まみれなんじゃないか」


「やっぱりおいしくないんじゃないかな……」


全然そんなことありません!


たしかに、ビーフラッシュの安価な値段設定では高級なお肉を使うことなんてできません。

その分、長期熟成させたお肉を使ったり、焼き立てをすぐに提供したりなどして、同じお肉でもいかにおいしい状態で提供してくれるかを考えています。


やっぱり焼き立てのお肉っておいしいじゃないですか。

そこそこの肉質のお肉でもただ焼いて出すだけではなくて、我々客がおいしく食べられるような工夫をちゃんとしている、というのがビーフラッシュのひとつのウリだと思っています。


近くにビーフラッシュがある場合は、ぜひ勇気を出して入ってみてください。

コスパ充分のステーキ食べ放題を存分に満喫しましょう(^^)

ビーフラッシュのオススメポイント


この記事ではビーフラッシュに関する以下の内容を書いています。


コスパはどうなの?

食べ放題のシステムは?

おすすめメニューは何かあるの?



近くにあるけどまだ行ったことがない!

そんな方が安心して入れるようになるといいですね。ビーフラッシュは宣伝されなさすぎですから。

BEEF RUSH(ビーフラッシュ)のおすすめポイント!


① ビーフラッシュのステーキ食べ放題はコスパ充分! でもクーポンはないみたい
② ビーフラッシュの食べ放題システムはとっても簡単!
③ おすすめメニュー4品! イチオシはビーフシチュー!!
④ 裏技? 早めの夕ごはんにすればランチ料金でディナーが食べられる!



こんな感じの流れで記事が進んでいきます。

ビーフラッシュのステーキ食べ放題はコスパ充分! でもクーポンはないみたい


ビーフラッシュはドリンクバーとデザートバーが別料金となりますが、あとは店内全部食べ放題です。


また、食べ放題の料金に関しては、以下の表のように性別と曜日と時間帯で決まります。

 男性女性
平日ランチ
(11:00〜17:00)
1,7991,599
土日祝ランチ
(11:00〜17:00)
1,9991,799
ディナー(全日)
(17:00〜22:00)
2,1991,999
ドリンクバー199199
※すべて税抜き

参考に『ビーフラッシュ イオンモールつくば店』の料金表を掲載しました。
(※現在は業態が変わっているので、ステーキ食べ放題実施当時の参考価格です)


ドリンクバーを含めて全部込みの場合、一番高いのがディナー男性で税抜き2,398円になります(2,199円+199円=2,398円)

逆に一番安いのは平日ランチの女性でデザートバーもドリンクバーもなしになると、なんと税抜き1,499円とステーキ食べ放題のお店とは思えない超低価格になります。すごいですね(^_^;)


イオンつくば店はデザートバー込みの料金なので、他のビーフラッシュと比べると100円高くなっています。

標準の食べ放題セットにデザートバーが含まれずに別料金の場合は、上記の表からすべて100円安くなります。

ビーフラッシュの食べ放題システムはとっても簡単!


ビーフラッシュは前払い制なので、まず入店時に人数分の料金を前払いします

料金を払ったときに受付の店員さんから手渡される『ファーストオーダーカード』をカウンターにいる焼き方の店員さんに渡してください。

タイマーを渡されて待ち時間が過ぎると、再びカウンターに行った際に焼き立ての人数分のビーフステーキ、ポークソテー、チキンステーキがひと皿に盛られて提供されます(人数分くれることも)

ビーフラッシュ ファーストオーダー ビーフ ポーク チキン レア
ビーフ、ポーク、チキンのファーストオーダーセット。これだけでも結構なボリューム!

1枚60gくらいのビーフステーキ、ポークソテー、チキンステーキがそれぞれ1枚ずつ。


こちらをさっさと食べ終わってしまえば、次からは席に用意されてる個別オーダー票を使います。

オーダー票にほしいステーキの種類と数(ビーフ2枚、ポーク1枚など)を書いてカウンターの店員さんに渡せば、ステーキ1枚からでも焼き立てを提供してくれます。


ビーフラッシュではオーダー式なので注文してから焼いてもらえます。

待ち時間はかかってしまいますが、遠慮なく1枚ずつ焼いてもらって大丈夫です。


焼き立てがおいしんですから、焼き立てばかり食べるのが一番いい食べ方なので、面倒でも少ない枚数でのオーダーがオススメです!

ただし、混雑時はさすがにステーキが焼き上がるのが遅いので、毎回1枚ずつ焼いてもらう場合は空いている日のほうがいいと思います。


ステーキ以外は店内に入った瞬間から自由に持ってこれますので、ステーキが焼けるまでの間は他のものを食べて待っていれば意外とあっという間ですよ(^^)

おすすめメニュー4品! イチオシはビーフシチュー!!


ステーキ食べ放題専門店だからなのか、以下のお肉系の4品はとてもいい感じでした。


ビーフシチュー
ビーフカレー
フライドチキン
白身フライ


白身フライは個人の好みなのと、ビーフラッシュでは魚がこれしかないので、オススメの一品に加えました。

あとは、お肉をたくさん提供しているからか、ビーフシチューもビーフカレーもお肉がゴロッゴロです。


フライドチキンも何度も何度も揚げたてが並べられるので、火傷するレベルの熱々がずっとたのしめます。

キッズはフライドチキンを結構食べますね(^^)


ビーフカレーは写真を撮り忘れてしまいました(^_^;)


ビーフシチューは濃厚でお肉たっぷりという非常にコストをかけた出来栄えです。濃かったり薄かったりするブレは許容していいと思います。

たまに煮込みが弱くて薄く感じるものもありますが、基本的に濃厚です。

かなりやわらかく煮込まれた人参と、これでもかと言わんばかりに大量に投入された牛すね肉にはちょっと感動します。


こちらのビーフシチューもキッズに大人気なので、あっという間になくなることもあるので、もしなくなったら店員さんに補充をお願いしましょう。

だいたいストックはあるので、言えばすぐに補充してくれます(^^)


ビーフカレーもお肉がゴロゴロと入っていて、他の具材も大きくカットされているので食べごたえは抜群です。

やはりステーキ食べ放題専門店ならではの、ステーキとしてカットしたときにどうしてもできてしまう端肉を、片っ端からこれでもかと放り込まないとできないような肉量です。

わざわざお肉を探してよそるようなことをせずとも、普通によそるだけでもあきらかにお肉がお皿に遠慮なく入ってきます。


ステーキ食べ放題専門店ですが、その他のものも魅力がたっぷりです。

せっかくステーキが食べ放題なのに、メインのステーキが食べられなくなってしまってももったいないので、いくらおしかったとしてもビーフシチューやビーフカレー、フライドチキンなどはほどほどにしましょう(^_^;)

裏技? 早めの夜ごはんにすればランチ料金でディナーが食べられる!


裏技、と書きましたが裏技というほどではありません。


以下のビーフラッシュの価格表を見てください。

 男性女性
平日ランチ
(11:00〜17:00)
1,7991,599
土日祝ランチ
(11:00〜17:00)
1,9991,799
ディナー(全日)
(17:00〜22:00)
2,1991,999
ドリンクバー199199
※すべて税抜き


ランチ時間ギリギリの入店をすればディナーの時間もランチ価格で食べられる、ということが見えてきますよね?


ランチとディナーではほとんどのメニューが変わらないにも関わらず、平日の場合はランチとディナーの価格差は400円と結構大きいです。

平日で400円、土日で200円の差は結構バカににならないですよね。


ランチの時間帯にお店に入るデメリットは、制限時間が17:00〜18:30となるので、ちょっと早い夕飯になってしまうことと、ディナー限定のほんの一部のメニューが食べられないことです。

限定メニューと言っても、シェフおすすめのポークソテーかチキンステーキの限定味付けとかなので、なくてもそんなに大きな差ではないと思います。


ビーフラッシュのディナーランチに挑戦する日はお昼を早めに食べておくか抜いておくかなどで調整して、ガッツリとハイコスパのステーキ食べ放題をたのしみましょう(^^)

ステーキ食べ放題専門店『ビーフラッシュ(BEEF RUSH)』まとめ


ビーフラッシュはステーキ食べ放題専門店とは思えないほどの破格の料金設定をしているのでとてもコスパが良いです。

ステーキをどれだけ食べても値段が変わらないので、ビーフステーキでもいいし、ポークソテーでもいいし、チキンステーキでもいいし、フライドチキンでも白身フライでもサラダでもピザとかポテトとかのちょっと外したものでなんでも食べ放題です。


100円多く出せばさらにデザートまで食べ放題になります。

ここまで食べ放題にしてしまうと、もうステーキを食べなくてもお腹はいっぱいになっちゃいます。


せっかくだからステーキを食べ放題したほうがいいとは思いますが、食べたいものを食べるのが一番いいので、ビーフシチューばっかり飲んでいたっていいし、フライドチキンをお皿にてんこ盛りにしてフードファイトしたって別に何の問題もありません。

気に入ったものがあればたくさん食べて、ビーフラッシュをたのしみましょう(^^)


ビーフラッシュではファーストオーダーカードのステーキでも、女性だったらお腹いっぱいになっちゃうかもしれないですね。

そうしたら、スープとしてビーフシチューを食べまくれば、もうそれだけで充分満足できると思います。


ビーフカレーもお肉たっぷりだし、ステーキ以外でも満足できるのがビーフラッシュのいいところですね(^^)

ビーフラッシュが近くにあれば、焼き立てのステーキ食べ放題やアッツアツで濃いビーフシチューをたっぷり食べてきてください!



※ビーフラッシュ(BEEF RUSH)イオンモールつくば店は、なぜかこの一店だけ営業業態を変更してしまい、ステーキ食べ放題ではなく洋食バイキングとなっています。

新スタイルの食べ放題に関してはこちらの記事をお読みください。

ビーフラッシュ BEEF RUSH 外観

BEEF RUSH(ビーフラッシュ)つくば店だけステーキ食べ放題をやめちゃったから、洋食ビュッフェを試してみた。

2018年7月25日

Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。


この記事が気に入ったら
いいねしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次