サンマルクカフェの2021年福袋が、普通のコーヒーショップ化して超劣化(個人の主観による)

『ヒースブログ』の管理人のヒースです。

通常よく利用しているサンマルクカフェでは、頻繁に還元祭や福袋などでチョコクロとドリンク券や割引券をセットにした超コスパのいいキャンペーンをおこなっている。

福袋よりも還元祭、さらには福袋の余りを再利用したような延長キャンペーンすらあり、そちらのほうがよりオトクというカオスな状態すらサンマルクカフェらしさとして受け止めていた。

1000円だったり、1500円だったり、1800円だったりとほぼ同じセット内容にも関わらずキャンペーンごとに値段があちこち行ったり来たりするのもおもしろいところだ。

コスパのいいキャンペーンでもチケットの引き換え期限が比較的短いため、一度にたくさん買うこともできず、キャンペーンをうまく乗り継ぐこともテクニックのひとつとなっていた。

さらにスタンプ制で、ドリンク引換券でも購入扱いになりスタンプを押下してくれるため、スタンプが貯まることでもドリンクを引き換えられるのでさらにオトクだったりする。

おかげで、サンマルクカフェはいつも安いというイメージを持っていたりするものだ。

2021年はコロナの影響もあり、福袋の販売もWebであったり2020年内に先行販売したりと、行列が起こらないよう各社が配慮をしている。

サンマルクカフェもその例に漏れず、Webでの販売をおこなっており、予約上限に到達した時点で販売終了となる。

さて、どんな内容なのかと思って、情報を調べてみて――

正直超劣化な内容でガッカリした。

グッズが大好きな人は問題ないと思う。スタバとかタリーズとかコメダ珈琲とか、他のコーヒーショップなら毎年そんな感じだからだ。

トートバックにタンブラーだったりマグカップだったり、コーヒーグッズだったりコーヒー豆だったりドリップコーヒーだったりとなんだかんだいろいろと入っているでワクワク感はある。

だが、サンマルクカフェは今までは『チョコクロ5個』と『ドリンク引換券5枚』が超基本だった。

たまにぶれて、『デニブラン引換券』だったり『チョコクロ引換券』だったり『なんでも200円引き券』だったりと、幅があることはあるが、基本的にはチョコクロ+ドリンクの構成に対するプラスマイナスの範囲だ。

値段がブレるのはいつものことだが、内容はほぼほぼブレなかっただけに「今年はどうしたサンマルクカフェ!?」となったのは紛れもない事実。

個人的には要らないグッズを買うのはロスでしかなく、チョコクロ引換券5枚で3000円という解釈になってしまう。

なので、スルーが確定した。

2021年1月1日は、人混みがあることがわかっていて初売りのショッピングモールに行っていいものやらどうやらというコロナ禍なので、少なくともサンマルクカフェには行かなくていいことが確定したのは、まぁ、良しとしよう。

もしかしたら、この福袋のほうがいいという人が多い可能性もある。他のコーヒーショップとおんなじ感じだからだ。

ただ、もしあまり売上または評判が芳しくない場合は、2月のバレンタイン前後に『謎のキャンペーン』を行ってくれる可能性は充分ある。

2020年はあまりキャンペーンを行っていない様子だったので、2021年も同じように人が増えるような状況をあえて作らない可能性もあるにはあるが、そこはサンマルクカフェ、還元祭的なものはある程度やってくれると期待している。

望むべくは引換券の利用期限の長期化だが、福袋のチョコクロ引換券が相変わらず3ヶ月間しか有効じゃない。そうなれば、どう見繕ってもどのキャンペーンであってもMAX3ヶ月というのは変わらなさそうなのが残念だ。

せめて半年間。大盤振る舞いで1年間有効にしてくれれば、引換券の期限間近だから駆け込みで消費に入る人で密になるという状況は避けられそうなので(自分含めて)、3ヶ月という短い期間に拘るのは、このご時世、ちょっと考えておいてもらいたいところだ。

Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる