おてごろマックに新展開? エグチ、チキチー、ヤッキーのどれかがリストラか?

マクドナルド公式画像

こんばんは、ヒース(@heath_blog)です。

 

さて、マクドナルドのTwitterで気になる情報が。

 

エッグチーズバーガー(エグチ)、チキンチーズバーガー(チキチー)、しょうが焼きバーガー(ヤッキー)のおてごろマック3種になにかが起こるとのこと。

Tweetを見る限りでは、3種のバーガーになにか変化があり、かつ新しい商品が追加されると受け取れますね。

もし3種のバーガーになにかがあるとすれば、『アレンジされる』『値下げされる』『入れ替わる』のどれかになりそうだけどどうなんだろう?

 

「伝説のバーガーがおてごろマックに」という部分では、200円で販売されるレベルで過去に人気のあった商品ということになりそうだけど、最近のマクドナルドは販売単価が高めになっていることもあり予想しづらい。

おてごろマックとして販売されたけど現在は販売されていないバーガーか、あるいは本当に200円以内だったバーベキューポークバーガー(バベポ)やダブルマックなどが復活するんですかね?

 

マクドナルドは最近攻め手を緩めないので下手なことをしてほしくありません。
値上げだけはNGと思っているのですが、さすがに200円をいじることはしないでしょう。しませんよね?

となるとアレンジされる形が濃厚なのですが、やはり今の状況からコストをかけずにアレンジするのは最終形が読みきれません。

ヤッキーにはまだボリュームアップに改良の余地がありそうですが、エグチはたまごダブルマックになっちゃうし、チキチーもチキンフィレオに近づいてしまう。

マクドナルドの戦略にハマってしまっている気がしますが、明日の発表をたのしみに待つしかなさそうです。

 

 

マクドナルドは、裏メニューにつづいてぐでたまとコラボしたり、チキンマックナゲット初のテコ入れであるスパイシーチキンマックナゲットを販売したりとまだまだアクティブです。

マクドナルド公式画像

 

ぐでたまとのコラボ『マックフルーリーぐでたま味』では、ぐでたまが何味になるのかがまた読みづらかったですね。

マクドナルド公式画像

意表をついてたまごかけごはん味かと思ったらカスタードケーキ味でしたからね。
カスタードプリンじゃなくて? と思ったものです。

 

今日からはマックシェイクカルピスが販売されたりと、2週間もあればなにか変化があるくらいマクドナルドは顧客向けの商品戦略を取り続けています。

マクドナルド公式画像

 

おてごろマックの改変もその一環なので、いい方向での調整が期待できます。

しばらくやっていませんが、夏になれば炭酸ジュースオールサイズ100円も始まる可能性があります。
ロカボ的にはコカ・コーラゼロしか飲めませんが、一般の方には大サービスとなるのでマクドナルドに足を運んで売上アップに貢献してもっとマクドナルドがチャレンジできるように協力しちゃいましょう。

 

では、今回はこのへんで終わりにします。

 

追記 正解はマックポーク復活!

 

今回のおてごろマックの変化は『ベーコンマックポーク』略して『マクボ』の投入でした。

 

マクポの投入に際し、ヤッキーはおてごろマックから姿を消してしまいました。

同じポークパティが被るので、いろいろとアレンジしてリニューアルしたマクポを推していきたいところなんでしょうね。

マックポークからは随分と洗練したフォルムに化けましたので、おいしさもグレードアップしているといいですね。

以下は2013年のマックポーク復活時のニュースリリースになります。

あの人気メニューが復活登場! ポークパティとペッパー風味ソースの絶妙な味わい 「マックポーク」 11月1日(金)から期間限定販売

このときもマックポークダブルが200円で食べられたのようなので、夜マックの片鱗はあちこちに見え隠れしていますね。

 ヒースブログ
ヒースブログ
https://heath-blog.com/2018/03/14/gourmet08-mac04-nightmac01/
ロカボ、グルメ、激辛、書評、ラノベ、SNSなどの情報を幅広く更新する”ヒースが綴るブログ”です。

 

マクポは7/4(水)から販売開始になります。

ヤッキーを食べたい方は、7/3までなら間に合いますよ。

 



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください