2ポンドのハンバーグが食べられる! 秋葉原HERO’S(ヒーローズ)

HERO'S−2ポンドハンバーグ2

ヒース@肉食です。

今回は渋谷と秋葉原に行く用事があったので、夜ご飯はHERO’Sに決め打ちをかけて出かけました。
ここはポンド単位のチャックステーキ(牛肩ロース)がお手頃価格で食べられるので、隙あらば行こうとしているお店となります。

過去何回かは常にステーキを注文していたので、今回はようやくハンバーグを初注文することにしてみました。

 

HERO’S(ヒーローズ)とは

秋葉原店を含む3店舗営業のステーキとハンバーグ専門店。

1ポンドステーキと手作りハンバーグ

ヒーローズ公式スライド画像

HERO’S公式より引用

そのキャッチコピーのとおり、1ポンド(450g)のステーキが普通に食べられるかなりワイルドなステーキ専門店であり、タイミング次第では行列が発生する人気店。

メニューはステーキとハンバーグのみであり、男女問わずほぼステーキを注文している感じであり、肉質を考えるとステーキを食べておくべきお店だと思っている。

 

肉の種類によっては1ポンド未満の注文も受け付けている。
チャックステーキに限り最低1ポンドからの注文となっている。

 

お肉の種類

基本的に限定を除くと以下の通り。

  • チャックステーキ
  • リブロースステーキ
  • サーロインステーキ
  • サイコロステーキ
  • ハンバーグステーキ
  • ポークステーキ

 

他にチキンステーキ、ミスジステーキ、国産牛ステーキが注文できる場合もあり。

 

お肉のサイズ

秋葉原限定でチャックステーキの3ポンドが注文できる。

基本的なサイズは以下の通り。

チャックステーキ
 →1ポンド、2ポンド、3ポンド

リブロースステーキ
 →200g、300g、1ポンド、2ポンド

サーロインステーキ
 →150g、300g

サイコロステーキ
 →300g、1ポンド、2ポンド

ハンバーグステーキ
 →200g、300g、200g×2、1ポンド、2ポンド

ポークステーキ
 →200g、300g

 

他にも1ポンドのお肉2種類を乗せた2ポンドステーキコンビもある。

 

HERO’Sのお値段は?

全部載せると多いので一部だけ。

一番のウリの1ポンドチャックステーキは単品で1,730円(税抜)

今回注文の2ポンドハンバーグステーキは単品で2,030円(税抜)

ハンバーグ200gとポーク200gの単品のみ1,000円に収まる。

 

セットが460円でごはん、スープ、サラダとなる。

脅威的なことに、ここはごはんすらもポンド注文ができる(大盛、ポンド盛りへの変更は無料)
ごはんは炊き上がり重量でありステーキは焼き前重量なので、ごはんのほうが本当の1ポンド(450g)となる。

ヒース
見た目も相当すごい……!

 

2ポンドハンバーグステーキ(目玉焼きトッピング)

HERO'S−2ポンドハンバーグ

湯気で非常に見えづらいが、鉄板の9割を覆い尽くす異様な出で立ちなのが2ポンドハンバーグとなる。

目玉焼きのサイズからその大きさが伝わってくれるといいんだけど。

ヒース
ハンバーグ2ポンド単品でお願いします!
たくみ
おめぇのそれ、バカが食うやつだな!  (カミナリたくみ風に)
ヒース
いやいや、ここはこれが常識なの!

 

HERO'S−2ポンドハンバーグ2

横から。

厚みは2〜2.5cmくらいあるんじゃないのかな?
2,500円くらいする厚めのPC教本以上の高さになっていそう。

断面は撮り忘れ。

 

ソースバー

HERO'S-ソースバー

基本的に肉の量が多いので、味変の調味料はたくさんある。

フリスターというスパイス調味料が程よい辛さと香りを上乗せしてくれるのでいつも使っている。

 

ウーロン茶

HERO'S−クーポンウーロン茶

普通のウーロン茶だが、クーポンでもらえるのでクーポンがある時は大変心強い。

さすがに2ポンドハンバーグを前にして水だけではリセット感が弱いので、このウーロン茶があったのは非常に大きかった。

 

2ポンドハンバーグを食べてみた結果

完食写真も撮り忘れ。

そう、完食できた。

外はカリッとしていて中はふんわりと仕上がっており非常にクオリティの高いハンバーグだった。
さすがに後半はペースダウンしたが単品なので問題なく完食することができた。

2ポンドの重量感はハンパではなく、到着時には一瞬怯んだものの食べ始めてみれば思いのほかスイスイーと食べてしまった。

目玉焼きも普通ならまろやかになる味変が期待できるし事実その効果を期待していたが、実際のところは肉900gに対して卵50gでは焼け石に水だった。
それほど2ポンドのインパクトは絶大であった。

食後はお腹パンパンになったが、それで動けなくなるというほどのものでもないのが不思議なところだ。
ここのところ多めの食事が続いているので胃袋が膨らんできた効果だろうか。

 

ちなみに体重はお昼も含んで1.2kgくらい増えた。

食べ放題の時もそうだけど物理的に重量が増えると一旦体重は増えてしまう。
もっとも少し経てばまた元に戻るので特に問題視はしていない。

 

まとめ

いつもハンバーグも食べてみたいな、と思いつつチャックステーキかサイコロステーキを注文していたので、今回ハンバーグが食べられてよかった。

せっかくだからと2ポンドを頼んでみたが、完食できたとはいえ今回限りにすることに決めた。
カロリーが相当高いのと、ハンバーグはステーキと違ってつなぎのパン粉やたまねぎがあるので糖質量が決して少なくない。

さすがに2ポンド=900gともなるとどんなに100gあたりの炭水化物量が少なくてもその9倍になるんだから相当な糖質量になってしまう。

ステーキはソース次第となるが糖質なんてほぼないも同然なので、いろいろ加味して今後はステーキ一択で行くのが最善と判断した。

 

では、また他のお肉料理で!

 

 

 

余談 お肉の焼き加減

今回はハンバーグなので焼き加減など選択肢にないのだが、ステーキの場合は好みの焼き加減が選べる。

標準がミディアムで、よく焼きのウェルダン、軽め焼きのレア、あるいは中間のミディアムレアやミディアムウェルダンなどももちろん注文可能。

 

自分がステーキを注文する際はいつもレアにしているのだが、今回厨房に近い場所で食べていたこともあり、以下のやり取りが聞こえてきた。

店員さん
焼き方ローからベリーレアに変更でおねがいしまーす

 

……?

 

ヒース
ベリーレアってなんぞ?

そもそもロー(生肉)が注文できていたのかどうかというところが引っかかったが、未知のワードであるベリーレアのほうがもっと気になった。

さっそくGoogle先生の力を借りて検索検索っと。

検索ワードを『ベリーレア』『ステーキ』としたところ、一番上に出てきたのがいきなりステーキでの焼き加減のだと説明していたサイトだった。

ベリーレア(1番生肉に近い焼き方)

「ベリーレア(1番生肉に近い焼き方)」はいきなりステーキでオーダーできる裏メニューです。
いきなりステーキのステーキは焼き方をお好みで指定できます。
いきなりステーキでは6種類の焼き方がありますがベリーレアが最も生肉に近い焼き方になります。
ロー(ほぼ生肉)は注文できません。
ブルーレアと注文するとベリーレアが出てきます。

【焼き加減の種類】
・ベリーレア(最も生に近い)
・レア
・ミディアムレア
・ミディアム
・ミディアムウェルダン
・ウェルダン(よく焼いた状態)

裏メニュー.comより一部抜粋して引用

見た目的に牛のたたきでありちょっとおいしそう。

もうちょっと調べたところまず名称はブルーレアとベリーレアは同じものになる。
ブルーレアが正式名称だがいずれも注文時には通る焼き方指定となる。

レアとの違いは中心温度への熱の通り方であり、レアは赤く見えても熱が通っているがブルーレアは中心は生のままとなる。

鮮度のよい肉を使っていないと危ない注文の仕方となる。

 

レアの上がローだと思っていたから、まさかまだ中間の焼き方があったということを知ることができた貴重な経験だった。

 

余談 ステーキハウスや焼肉屋に行ったらよくあること

 

ヒース
お肉のにおいが服や髪に染み込んじゃう!

という話をよく聞くが、まさにその状態になった。

 

食後からしばらくは気にしなかったし気にならなかったが、お風呂に入った瞬間に空気の差からなのかいきなりワイルドな肉臭が感じ取れてしまった。

驚くほど髪の毛に染み付いていたようだ。

しかし、お風呂に入った瞬間にいきなりっているのは正直ちょっと驚いてしまった。
それまで他の人からはずっと『ワイルドな肉臭が香る人』と思われていたわけだから……

 

今度こそ、では、また他のお肉料理で!

 

 



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください