ローソンのおつまみでおいしくラクに糖質制限を続けよう。

 

糖質制限をはじめてからおつまみ系を小腹埋めに良く使うようになったヒースです。

前回の記事でクロックムッシュを買った際にいっしょに買い物かごに入ってしまったおつまみ類ですが、あまり食べすぎないで済むのがメリットになります。

その理由が以下。

 

おつまみをおすすめする5つの理由

 

こんな理由でおすすめできる。

  1. 噛みごたえがある
  2. 味付けが濃い
  3. 意外とお手頃価格
  4. 種類が豊富
  5. おいしい

 

噛みごたえがある

ほとんどのものが乾物であり、しっかりとした歯応えがある。
スルメイカやあたりめ、ビーフジャーキーなどが典型。

しばらく噛みつづけることができ、同一時間内ではポテトチップス等とは比較にならない長持ちさである。
さらによく噛むことで満腹中枢も刺激されるので、小腹埋めにはもってこいとなる。

 

味付けが濃い

塩漬けにしてあるものが多く、お酒に合うように濃い目の味付けとなる。
塩分濃度は商品によりマチマチだが、20〜30gの商品に対して1.0g〜2.0gに収まる感じ。

カレー味やペッパー味、梅酢味などの風味づけやアミノ酸の旨味で塩気のわりには実際の塩分をおさえているものも多い。

 

意外とお手頃価格

おつまみは重量に対しての値段はふつうのお菓子と比較すると高いけど、実際に食べてみての満足感を考えるとそこまで高くない。
逆にポテトチップスやチョコレート、グミなどはたっぷり入っているけどたくさん食べられるのですぐになくなってしまう(個人差あり)

あたりめとか噛んでたらそんなに食べなくても良くなってくる。多く食べるのは実際難しい。

 

種類が豊富

イカのおつまみだけでも以下の通り。

  • さきいか
  • スルメイカ
  • 味付けいか
  • あたりめ
  • いかげそ
  • etcetc……

他にフレッシュ惣菜側に目を向ければ、イカ刺しに一夜干しまであるというラインナップの豊富さに驚く。

余談だが、イカは糖質制限では非常に強い味方となる。

低カロリーであり低糖質、かつ高タンパクとなるのでたくさん食べていい食材。

スルメイカ100gあたり
エネルギー:83〜88kcal
タンパク質:約18g
脂質:1g未満
糖質:ほぼ0g

 

おいしい

ビーフジャーキーやエイヒレ、燻製卵もある。
あたりめ、さきいか、鮭とば、ミックスナッツ、チーズ鱈とかなんでもあり。

塩気が強いものも多いけど、乾物だったら干すことによってうま味成分が凝縮されているので、感じている塩気に対して実際の塩分はわずかだったりする。
うま味が多いことで少量で満足でき、充分味わうことができる。

多少の糖質を覚悟すれば、みりん干しや揚げにんにく、揚げぎんなん、野菜チップスやドライフルーツもある。
多少どころか結構摂取してしまうので、より少なく食べる工夫は必要だろう。

 

まとめ

 

糖質制限では代用品以外の主食があまり食べられないので、何パターンもの小腹埋めを用意しておいたほうが安心できる。

低糖質で攻めるのであれば煮干し、あたりめ、ミックスナッツ(特にくるみやアーモンド)の乾物が用意しやすく食べやすい。
缶詰とかでもいいんだけど、手軽なのはやはり乾物。

できるだけ避けたいのが、カロリーを気にしすぎてあまり食べず、おなかを空かせてしまってからのドカ食いとなる。
糖質制限を失敗した理由としてよく登場してしまう理由もコレ。

 

実際糖質を完全に除外するには相当厳しい食事管理が必要となり、一般人が普通にやって達成できるものでもない。
(もちろんできる人はいる)

主食NG、野菜もNG、調味料もNG。
バターコーヒーに始まり、自作のサラダチキンにきのこ類、空きっ腹にはオリーブオイル直飲みとかもこなさないといけないレベルがスーパー糖質制限。

……やはりあまり試したくない。

 

厳しめのロカボを実践するなら主食はほぼ食べない。かわりに調味料は普通に使っても大丈夫。
野菜も根菜は少なめにして葉物はたくさん食べる。
肉や魚も皮や脂身まで避けるような意識はせずに、食べたいように食べるほうがストレスは溜まらない。

糖質さえ同時に摂らなければ、脂質はある程度たくさん食べても大丈夫。タンパク質は取りすぎて問題になることは今はない。
もちろん糖質を避けたところで食べた直後は体重増える。
ただし、糖質摂取とは異なり水分の保持もしないので1日経てばすぐに落ちることが多い。

 

ご飯をちょっとだけ、フルーツをちょっとだけ、牛乳だけでも、お菓子もちょっとなら――

上のようになるとすぐに糖質制限が継続できなくなるので、糖質を食べる日はすこぶる食べて、そうでない日は可能な限り控えるのが糖質制限とうまくつきあうコツとなる。

つきあい、いただき物、我慢の限界など糖質を摂ってしまう日はたくさんあるだろうから、そんな日はあきらめて食べてしまうほうがストレスも溜まらないので実はそんなに悪くないと思っている。

 

我慢我慢我慢……やっぱりこれが良くない。

 

――ちょっと話が脱線しまくったので戻すけど、おつまみを食べることで『何か食べたい!』という願望を満たすことができるので、『炭水化物食べたい!(ご飯食べたい! あまいもの食べたい!)』とならないように気をつけて欲しい。

では、また別記事で。

 

(※今回、開始のあいさつとこの文以外は『だ・である調』での文体となっています)

 



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください