わずか糖質量3.3g! 『糖質オフ野菜ジュース』が飲めればロカボも続けやすい。

糖質オフ野菜ジュース

糖質オフ食品は意外とたくさんあるので、好みのものが見つかるとたのしいヒースです。

今回はそんな中からもう何本飲んだのか数えることすら困難な常食飲料である『糖質オフ野菜ジュース@カゴメ』をご紹介。

 

糖質オフ野菜ジュース

ロカボを始めるにあたり、食べ物、飲み物、お菓子にどんなものがあるのかを網羅的に調べていたところ、カゴメから『糖質オフ野菜ジュース』なるストイックな商品が発売されていることに行き当たった。

糖質オフ野菜ジュース

こちらはよくある野菜ジュースから糖質を大幅カットするために、使用している原材料に大きな差がある。

まずもって果物が入っていない。
甘さ調整用のリンゴやオレンジなどはまったく入っていない。わずかばかりのレモン果汁が調整用に入っている程度だ。

 

原材料の多い順に、はくさい、セロリ、トマト、ほうれん草、赤じそ、アスパラガス、キャベツ、なす、だいこん、ケール、レタス、クレソン、パセリ、ビート、かぼちゃとなる。

水分のほとんどは白菜とセロリから構成されており意外とみずみずしく、セロリの香りが通常の野菜ジュースよりも濃く感じる。

味わいはやはり通常の野菜ジュースよりはかなり『野菜寄り』なので、苦手な人は苦手かもしれない。
ただ、このジュースが飲める場合は、糖質制限においてかなり有利となる。

ジュースは吸収が良すぎて大抵飲むことができず、お茶や水、コーヒーや紅茶、炭酸水等を飲むしかない糖質制限には大変ありがたい飲料となる。

 

糖質オフ野菜ジュースの栄養価

さすがに果物が入っていないので糖質は低めとなる。
そして野菜中心のため、食物繊維もそれなりに含まれている。

糖質オフ野菜ジュース

1本200mlあたり
カロリー21kcal 糖質3.3g 食物繊維1.5g たんぱく質1.1g 脂質0g

脂質がないのでカロリーも低い。1リットル(5本)飲んでも糖質は16.5gで充分許容範囲内。

 

ちなみに同じカゴメ商品で比較

カゴメ野菜ジュース食塩無添加
1缶160mlあたり
カロリー31kcal 糖質5.9g 食物繊維1.1g たんぱく質1.4g 脂質0g

野菜一日これ一本
1本200mlあたり
カロリー69kcal 糖質13.7g 食物繊維2.1g たんぱく質2.4g 脂質0g

野菜と果実糖質30%オフ
1本200mlあたり
カロリー38kcal 糖質8.0g 食物繊維1.6〜3.1g たんぱく質0.7g 脂質0g

野菜生活100オリジナル
1本200mlあたり
カロリー64kcal 糖質14.8g 食物繊維0.3〜1.2g たんぱく質0.8g 脂質0g

 

有名な野菜生活100の糖質は非常に多く、カロリーのほぼすべてが糖質から成り立っている。
糖質制限前は普通に飲んでいたが、今ではとても飲みに向かうことはできない。

また、同じ糖質オフシリーズでオレンジ色のパッケージの糖質30%オフ野菜ジュースは30%オフしても8g入っている。
簡単に飲めるため吸収がよく血糖値は上がりやすいので、1本ならいいがたくさん飲むのは厳しい。

 

Amazon定期お届け便

基本的にずっと飲んだり食べたりするものは、一度試して問題がなければAmazonの定期お届け便を利用することにしている。

飲料は5%引きにしかならないが、食品であれば同時に2種類定期お届け便に登録されていれば10%引き、3種類以上登録されていれば15%引きになる。

糖質オフ野菜ジュース

この画像で48本。

1回のお届け便で24本で1セットを2セット頼んでいる。

毎日飲んでいれば48日分。朝夕で24日分なので常食するならむしろちょっと足りない。

もちろん毎日ずっと必ず飲んでいるわけではないので、次のお届け便まで保たせるようにしているので不足したことはない。
それこそコーヒーや炭酸水も飲んでいるので、必ずしも野菜ジュースがなきゃいけないということもない。

 

まとめ

 

基本的に糖質制限ではジュースは飲むものではないが、この野菜ジュースは糖質以外の野菜の栄養価を吸収しやすいと思って飲んでいる。

よくある勘違いの、フレッシュジュースを毎日飲んでいるとか野菜ジュース(甘いの)を毎日飲んでいるとか、糖質制限しているつもりの方にこそこのジュースをおすすめしたい。

慣れが必要かもしれないが、塩分も糖分もほとんど入っていない野菜ジュースの存在は非常に重宝すると思う。
水やお茶で大丈夫なら別に必要ないかもしれないが、甘いジュースを飲むよりは余程マシだ。

 

コンビニやスーパーでも買うことができるのでまずは1本試してみて、味が大丈夫であればAmazonのほうがだいぶ割安なので大量購入しての常食をおすすめする。

以下にAmazonの24本セットのリンクを貼っておくので、まずはコンビニで1本飲んでみて、意外と飲みやすいとか続けられそうと思ったら箱買い、そして定期お届け便を試してみて欲しい。

 

では、また次のロカボ食品で。

 

 



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください