低糖質のローソン『アーモンドストロベリーチョコレート』はあっという間に食べ切っちゃう。

ローソン アーモンドストロベリーチョコレート

ローソンのロカボシリーズは糖質制限にはとても助かりますよね。


糖質制限だとナッツや煮干しなどでお口の寂しさを紛らわせるのが無難だけど、やっぱりそれだけじゃ味気ない。

たまにはチョコとかクッキーとかも食べたくなるのはおかしな話ではありません。


そんなときに強い味方となるのがローソン。


低糖質のチョコレートにラスク、チップスやクッキーなどのヘルシースナックがたくさん並んでいます。


ローソンと言えばロカボ。


ひとつ糖質2.2gのブランパンが有名ですよね。

パンも充実しているけど、お菓子だって充実しています。


そんなローソンで、アーモンドをいちごチョコでコーティングした『アーモンドストロベリーチョコレート』が発売されていたので早速買ってみました。


アーモンドストロベリーチョコレート

ローソン アーモンドストロベリーチョコレート

今まではミルクチョコレートだけでしたが、低糖質アーモンドチョコにいちご味が加わりました。

糖質は1袋でわずか5.3g。かなり少ないです。


中に包まれているアーモンドが低糖質のナッツなので、周りをチョコでコーティングしても糖質量は低めになります。

グリコのアーモンド効果が同じ属性ですね。

あちらも糖質25%オフの商品が出ていますが、ひと袋40gでの糖質量は12.3gなのでローソンのアーモンドストロベリーチョコレートのほうがより低糖質です。


アーモンド+チョコは甘さも美味しさも充分なのに低糖質にできるのがいいところだと思います(^^)


アーモンドストロベリーチョコレートの成分

ロカボ いちごチョコ 裏面

栄養成分は、1袋40gあたり229kcalで糖質量が5.3gとなります。

脂質は18.8gとアーモンドとチョコなので多めですね。

たんぱく質は4.4gと少なめです。


低糖質にする場合によくあることですが、アーモンドストロベリーチョコレートにも食物繊維が10.1gとたっぷり入っています。

ロカボもそうですが、糖質を控えると食物繊維が不足しがちになるので、こういった形でお菓子で補充できるのはある意味理想ですね(^^)


アーモンドストロベリーチョコレートの中身

ローソン アーモンドストロベリーチョコレート 中身

いくつか食べたあとなので、これが全量ではありません。

照明の問題で色合いが若干悪くなっていますが、ちゃんとピンク色をしています。


チョコレートはやわらかめで、中のアーモンドはカリッとしているので食感のギャップがちゃんとあります。

けっこうサクサクと食べられてしまうので、自分でセーブしないとひと袋あっという間なので気をつけてくださいね(^_^;)


アーモンドストロベリーチョコレートのまとめ

『アーモンドストロベリーチョコレート』は税込みで198円となります。

ちょっと高めですが、ひと袋40gで糖質量5.3gはやっぱり魅力的です(^^)


同じシリーズにミルクチョコレートもあるので、2種類から選べるようになったのもうれしいですね。

やっぱりチョコレートは癒やし効果があると思うので、がまんがまんだけではなく息抜きに手元に用意しておくと安心できます。


糖質制限でチョコレートを食べる場合は、砂糖の代わりに甘味料を使ったものか、そもそも砂糖の使用量が少ないハイカカオチョコレートが選択肢に入ります。

ハイカカオチョコレートは食べることでのメリットもたくさんありますが、いかんせん甘さが足りません。

癒やし効果よりも健康効果優先って感じなので、目的によって食べ分けるのがいいと思いますよ。


ローソンでのおトクな支払いかた

ローソンはiDでお買い物をすると、請求時に3%の値引きが入ります。

ロカボな食べ物も3%引きになるので、食費が高く付きやすい糖質制限ではとてもメリットがあります。

支払いをiDにするだけでちょっと安く買えるので、ローソンを良く使うなら支払いをiDにまとめちゃうのがオススメです。


また、貯まったdポイントも有効活用できる仕組みがあります。

それが、ローソンのLopiで利用できる『お試し引換券』システムです。

『お試し引換券』はdポイントを2〜3倍という高レートで使える仕組みなので、ものによりけりですがかなりおトクな交換比率でポイントをお買い物に利用できます。


お試し引換券とiDでの支払いを組み合わせることで、ローソンのお買い物がとてもおトクになります。

糖質制限+ローソン+iDで、おいしくたのしく適正糖質なロカボ生活を送ってください(^^)

Twitterではブログに書き切れないことをたくさんつぶやいていますので、ヒースに興味を持っていただければフォローをお願いします。



ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください