【ロカボ】スーパー大麦で食物繊維をたっぷり摂れるハイレジとロカボは両立できるの?

『がっちりマンデー!!』(2017/12/24放送)でハイレジが特集されていました。

こっち見てから記事書けばよかった! 順番間違えたぁ!

改めてハイレジについて情報を得たので、前回のレジスタントスターチとロカボに関しての記事に付け足して新たに記事化してみた。

目次

ハイレジ『スーパー大麦』

帝人が世に送り出したハイレジ商品が『スーパー大麦』となる。

今まであった大麦よりも、レジスタントスターチを含む食物繊維が大幅に増えているので、ハイレジスタントスターチ=ハイレジと呼ばれている。

スーパー大麦には食物繊維量の種類としては『βグルカン』『レジスタントスターチ』『フルクタン』および『その他』が含まれている。

大麦や玄米、白米などと比べると、同じ重さでの食物繊維含有量があきらかに多い。

押し麦やもち麦が同じ理由により流行していたが、スーパー大麦のほうが総食物繊維量がかなり多いので、もち麦などよりも効果が高いと思われる。

ハイレジの効果

ハイレジは押し麦やもち麦と同じで、βグルカンなどの水溶性食物繊維の効果により、糖質の吸収がゆるやかになり血糖値の上昇を抑え、コレステロールや中性脂肪の吸収も抑えてくれる効果がある。

コレステロール摂取量には制限がないので、吸収を抑えてしまう必要はないのかもしれないが(^_^;)

スーパー大麦は水溶性と不溶性の2種類の食物繊維をバランス良く含んでいる。

食物繊維が2種あることで小腸で吸収されずに大腸まで届くことができる。そのため、腸内細菌の餌になるタイミングにも差が生じ、おのずと短鎖脂肪酸の生成が長時間に及ぶ。

セカンドミール効果

そう呼ばれるハイレジによる効果がある。

スーパー大麦を食べた食事だけに留まらず、”次回の食事”にまで血糖値の上昇を抑える効果が続く。

たとえば、朝食にスーパー大麦食べた場合、昼食までセカンドミール効果が持続し、昼食にスーパー大麦を食べると夕食までセカンドミール効果が継続する。

セカンドミール効果を効果的に得るには余計な間食を防ぐためにも、朝食にスーパー大麦を摂取するのが望ましい。

ハイレジ食品は食物繊維の含有量が一番多いのが特徴だ。

そこまでストイックにこだわらないならば、同じく食物繊維が豊富な押し麦やもち麦でも充分代用可能となる。

まとめ

前回の記事ではハイレジを冷ごはんに限定してしまったが、実際のハイレジはスーパー大麦を該当させるのが適切だった。

レジスタントスターチの含有量はスーパー大麦に軍配が上がるので、これからハイレジを食事に取り入れるならスーパー大麦がいいだろう。

自分もダイエット初期にはもち麦ごはんを食べていた。

ただ、いろいろと同時期にやりすぎてしまい『カロリー制限によるダイエット効果』なのか、『もち麦によるダイエット効果』なのか、『糖質制限によるダイエット効果』なのかがわからなくなってしまった(^_^;)

ハイレジの効果がよくわかってきたら、どちらかを選ぶのではなく『ロカボ&ハイレジ』にチャレンジしてみようと思う。

巷では「ロカボは古い、これからはハイレジだ!」とか煽っていたりするけど、別に古くてもロカボが要らない理由はまるでない。

併用できればそのほうがより望ましいと思う。なぜどちらかにしようとする?

ここまで話してきてハシゴをはずすようだけど、玄米だろうがスーパー大麦だろうが主食の食べ過ぎは良くない。

どうしても食べる場合は、”ほどほどの量”を”たまに”食べるようにしたほうがいい。

炭水化物そのものを減らし、もし摂取するときはより効果の高い食べ方をする。

この食べ方が結局は、ロカボであり、同時にハイレジでもあるのだ。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

よかったらシェアしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

シンプル美と機能性を両立させた、国内最高峰のWordPressテーマ『SWELL』

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次
閉じる