【ロカボ】玄米ってヘルシーに感じるけど白米と糖質もカロリーもほとんど変わらないんだよね。

【ロカボ】玄米ってヘルシーに感じるけど白米と糖質もカロリーもほとんど変わらないんだよね。

白米と玄米だと玄米のほうが身体に良さそう。

普通はそう思うよね?

 

でも、糖質制限だと、

 

『白米も玄米もたいして変わらない』

 

もちろん、含まれている食物繊維やビタミンB6や鉄などのミネラルは何倍にもなるから、白米を食べるなら玄米を食べたほうがいいのは間違いないんだ。

でも、糖質量はほとんど変わらないので、たくさん食べたら血糖値は確実に上昇しちゃう。

 

ベジファーストとかで白米を食べる前に他のものを食べると血糖値の上昇が緩やかになる、というのは研究でわかっているからそれはそれでやっているなら続けていいし、やっていないならやったほうがいい。

ただし、あくまで『上昇を緩やか』にするだけなので血糖値は上がる。それはもう間違いなく上がる。

食べたら食べただけどんどん上がっちゃうから、やっぱり食べ過ぎは良くないね。

 

お茶碗一杯のごはんを食べた場合、普通によそると150gくらいになると思う。その場合の糖質量は白米で55.5g、玄米で53.6gにもなる。

やっぱり白米も玄米も糖質量はほぼ同じ。

なので、たくさん食べたらカロリーと糖質が多いので太るし、血糖値が上がるから体脂肪も増えやすくなっちゃうんだよね。

 

若い内(20歳未満)までなら基礎代謝が高いし良く動く。たくさんごはんを食べてもそのカロリーは全部消費する勢いだから、大盛りを食べようがおかわりしようがなんてことはない。

でもそれは本当に子供か、あるいは運動部に所属したりアルバイトをしていたりする場合の話で、文化系の部活だったり帰宅部だった場合はまた別の話。

とにかく食べた分を消費しているから何を食べてもいいのであって、30歳、40歳と来たらそうもいかないのに気が付かなくちゃいけない。

 

20歳以下と30歳以上の男性で同じ身長と体重だった場合、基礎代謝は7%も下がっちゃう。

動かない、けど食べる。さらにお酒も飲む。それで基礎代謝も下がっているんだから食べた分のカロリーはどこへも行かずに身体に蓄えるしかないよね。だから体脂肪が増えちゃうんだ。

ビールっ腹ってよく言うけど、あれはビールを飲んだらそうなるわけではなく、ビールの糖質とカロリーやいっしょに食べるおつまみや締めのラーメンとかそのあたりのせい。

消費もしないエネルギーを食べ過ぎで摂り過ぎているだけなのに、ビールを飲んでいるからとして終わりにしちゃうのはもうダメなことに気がつかないといけないよね。

 

年齢を重ねてきたら、今までの食事を見直したり新たに運動を始めたりするのは健康を考えると最善手。

じゃあどうすればいいのって話になると思うけど、もちろん『糖質制限』をオススメする。

 

そもそも白米と玄米の糖質量が同じということをわざわざ説明したのは、健康を考えて中途半端に知識を得ていると、以下のようなことをしてしまう可能性がかなり高いのに気がついてほしいから。

 

「白米よりは玄米を食べたほうがいいよね。健康に良さそうだし」

 

「うどんじゃなくてそばにしよう。そばは身体にいい」

 

「野菜を食べないといけないって聞いたから、ポテトサラダとかマカロニサラダとかを食べるようになった」

 

「朝は搾りたての生ジュースやスムージーを飲んでるんだ」

 

だいたいNG。別に全部が身体に悪いわけじゃないけど、糖質制限だとNG。

 

糖質は甘い物だけじゃなくて、炭水化物でできているものはほぼすべてかなりの量が含まれている。

砂糖はもちろん、お米、小麦粉、そば粉にも多く含まれているし、じゃがいもやさつまいもなどのイモ類、ほとんどのフルーツもたっぷりと糖質が入ってるんだよね。

 

白米の代わりに玄米、小麦粉の代わりにそば粉、野菜としてじゃがいもなどのイモ類、朝食のご飯代わりにフルーツやフルーツジュースなど。

糖質的に何も置き換えられていないということはちゃんと調べて知っておかないとわからないはず。

 

だからこそ、糖質がどの食べ物にどれくらい含まれているかをよく知ってほしいんだ。

今は何ともなくても、現代の飽食の時代に安価な炭水化物がほとんどの食事をずっと続けていると、体脂肪率は上がるし、血糖値の乱高下で血管も弱る。糖尿病予備群も溢れんばかりにいる。

 

『自分は大丈夫』

 

そう思っていても、今の食事内容が”普通の食事”あるいは”ジャンク寄り”であったり、さらにほとんど運動もしないという場合はかなり危険と思って間違いない。

健康は個人差が非常に大きいし何かあるにしてもロングスパンの話なので、今何ともないなら危機感を持つのは難しいとは思う。

でも、確実に糖質過多の生活は身体を確実に蝕んでいき、あるところを超えたところで――

 

バーン

 

もう手遅れっていうパターンもある。

 

防げる病気は未然に防ぎたい。

糖尿病は甘く見ていい病気じゃない。なのに予備軍がたんまりというのはどう考えてもおかしな話。

風邪の予防でマスクをするように、糖質を控えるだけでも色んな病気や不具合を防ぐことができる。

 

まずは糖質量を知ること。

そして気になったのなら糖質制限を実施すること。

 

これだけで、今までとはずいぶん変わった自分になったことに気がつくと思う。

身体が軽くなったり、午後に眠くならなかったり。

生活の効率や生産性が高くなることに気がつくだけでも収穫は充分。

 

糖質を控えるにしてもいきなりスーパー糖質制限なんて無理なので、まずは甘いジュースをやめることから始めたり、ごはんの量を減らすとか間食を控えるとか、少しずつ減らしていけばいいと思う。

糖質を減らした生活に慣れていくにつれて徐々に控える食事の回数を増やしたり、思い切って断糖したりするのもいいんじゃないかな。

 

白米と玄米が実は糖質制限での違いがほぼないことを知ったあなただ。

正しい知識をもって糖質制限を実施できると信じてるよ。

 

まずは甘い飲みものをカット。次はお菓子。

ごはんを控えられなくても1日の糖質はかなり減らすことができるので、糖質量を調べてどこをカットするかをちゃんと決めれば長く続けることができるはずだよ。

がんばって。

 

ゆるロカボでも健康診断の数値は大幅改善のヒースをフォロー。

この記事が気に入ったら
いいねしてね!

当ブログで使用のブロックエディター特化の美麗テーマ

関連記事

コメント

コメントする

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

目次