BEEF RUSH(ビーフラッシュ)つくば店だけステーキ食べ放題をやめちゃったから、洋食ビュッフェを試してみた。

ビーフラッシュ BEEF RUSH 外観
ヒース
こんばんは、ヒース(@heath_blog)です。

前回の記事BEEF RUSHが2018年7月18日(水)よりリニューアル。ステーキ食べ放題ではなくなるのか?にて、ステーキ食べ放題として営業を開始したBEEF RUSH(ビーフラッシュ)がリニューアルオープンすることを取り上げました。

 ヒースブログ 
ヒースブログ
https://heath-blog.com/2018/07/16/gourmet26-beefrush02/
ロカボ、グルメ、激辛、書評、ラノベ、SNSなどの情報を幅広く更新する”ヒースが綴るブログ”です。

 

ステーキ食べ放題をやめたたBEEF RUSHがどうなったかをレビューするために、有給休暇を取得できた平日のランチ時間帯に税抜き1,190円にて新たな業態の洋食バイキングに突入してきました!

今回の記事では以下の内容を取り上げています。

私が糖質制限をしているのに食べ放題を好む理由
リニューアル後のバイキングメニューがどうなったのか?
コストパフォーマンスはどうなのか?

 

BEEF RUSHを取り上げるブログはあまり多くありませんので、率先してレビューをしました。

ぜひ最後までおつきあいください!

(※アイキャッチ画像にBEEF RUSHの外観写真を使いました。写り込んでいる一部の従業員の方やお客様の顔にぼかし処理を加えております)

 

私が糖質制限をしているのに食べ放題を好む理由

 

私が食べ放題好きで糖質セイゲニストである理由をまず語らせてください。

ちょっと長いので読み飛ばしてもらっても結構です。

BEEF RUSHのことが知りたいのに! という方は、一旦ちょっと上にスクロールして目次から次の見出しをクリックしてもらったほうが早いかもしれません。

できれば頭から読んでもらえるとうれしいです。

 

BEEF RUSHがリニューアルした後はステーキの食べ放題がなくなってしまうので、糖質中心のメニューラインナップに変更されると予測していました。

糖質が多めのバイキングだとあっという間にゆるロカボの範疇(糖質量130〜180g)から漏れてしまいます。
結構な糖質量を摂取してしまうでしょう。

さらに、一時的に体重が増加してしまうのでその後のリカバリーもちょっと大変です。

私はダイエット&健康法として糖質制限を取り入れていますので、食べ放題がNGというわけではありません。

NGではないものの、食べた分は当然体重増で返ってきます。
体重が増えた分はほかの日の食事を制限するなどの振り替えや、運動量を増加させることで相殺するしかありません。

「食べ放題なんてやらなきゃいいのでは?」と思われるかもしれません。

実際に糖質制限の場合はその考えはまちがっていません。
ただし、私はあまり制限を強めてしまうとつづけることが困難になってしまうと考えています。

そうした考えのもと『ゆるロカボ』という糖質制限の中では甘々な定義で暮らしているのです。

 

私は食べ放題が大好きです。

自分であれこれと選べるのがたのしいし、気に入ったひと品をひたすら食べつづける偏食もできます。
ミニハンバーグだけで6枚とか、唐揚げを10個とか。

そして何より、バイキングというシステムそのものがすばらしいのです!

バイキングやビュッフェスタイルは食べるものを自由に選択できるので、家族や友達、ご近所さんや同僚など糖質制限をしていない人と一緒に食事ができる貴重な機会のひとつになります。

糖質制限をしていると、他人と食事をするのがむずかしく感じる場面が結構あります。
私は糖質制限をしていますが、同行者は糖質制限などせず普通の食事をしている場合だと完全に困ります。

ほとんどの外食は糖質制限に対応していません。むしろ糖質は過剰に供給されます。
ごはん大盛り自由、おかわり自由、麺大盛り無料、替え玉無料、etcetc…

しゃぶしゃぶ食べ放題や焼き肉食べ放題も糖質セイゲニストは利用しやすいお店です。
そしてちょっと前まで超おトクなステーキ食べ放題店だったBEEF RUSHは貴重なお店のひとつだったのです。

 ヒースブログ
ヒースブログ
https://heath-blog.com/2018/02/05/gourmet05-beefrush/
ロカボ、グルメ、激辛、書評、ラノベ、SNSなどの情報を幅広く更新する”ヒースが綴るブログ”です。

 

糖質制限を実施しているけど外食でおいしいごはんを家族や仲間と一緒に食べたい!
そんなときに食べ放題店は本当にありがたいのです。

たのしく食事をする機会を多く提供してくれるのがこのビュッフェスタイルだというのが私の考えの中にあります。

ちょっとカッコよく言いすぎちゃったかもしれません。

でも、これが私が糖質制限をしているのに食べ放題が大好きな大きな理由なのです。

 

リニューアル後のバイキングメニューがどうなったのか?

ビーフラッシュ サラダ

サラダはキャベツ、紫キャベツ、レタス、大根、人参、かいわれ大根、水菜、オクラ、海藻、トマト、コーン、それから盛り付けていませんがじゃがいものサイコロカットがありました。

ドレッシングはシーザーサラダ、イタリアン、しょうがの3種類あり、このサラダにはしょうがドレッシングをかけています。

野菜はかなりフレッシュなので、サラダ中心で食べるのもよさそうです。

ビーフラッシュ オードブル

オードブルは人参のブラッドオレンジ煮、オクラエスニック風、野菜のピクルス、カポナータ、それからもりつけていませんがじゃがいもの和え物がありました。

左上はごはんもののミードボールドリアになります。勢いで盛りました。

ビーフラッシュ フライ

フライ系はフライドチキンと白身フライ、盛り付けていませんがりんごカットのオーブンポテトと細切りのフライドポテトの2種類がありました。

フライドチキンは鶏のもも肉を使っているようで、かなり柔らかい仕上がりでした。
人気があるのか次々と揚げられるので、いつでも熱々を食べられるようになっていたのはポイント高め。

ちょっと衣が厚く塩気が強いのが気になりましたが、ザクザクとした食感はフライドチキンを食べた感が強くて結構お好みでした。

白身フライも衣がサクサクしています。タルタルソースも自由にかけられたので、ちょっとかけすぎてしまいました。

フライドポテトはシーズニングをかけてフリフリポテトのようにたのしめるシステムもあり、こどもがよろこびそうな遊びがあるのも結構ポイント高めです。

ビーフラッシュ カレー

カレーはピーチカレーとなっていました。

ピーチカレー?

あまり聞いたことはありませんが、特にももが入っているようにも感じません。
具材がほぼないドロドロとしたカレーだったので、結構な糖質量をこのひと品だけで摂ってしまった可能性は高めでしょう。

フォカッチャを添えていますので、この写真の組み合わせは糖質制限としてはNGですね。

ビーフラッシュ コーンスープ

スープは3種類ありました。

まずこちらのコーンスープ。よくあるコーンスープで特に目立ったところも変なところもありません。

ビーフラッシュ クラムチャウダー

こちらはクラムチャウダーとなります。

具材は結構細かく刻まれており、貝のダシが充分感じられるおいしいクラムチャウダーでした。

ビーフラッシュ ポトフ

こちらはポトフになります。

残り少ないタイミングでよそってきたので量が少ないですが、適度に補充されますのでポトフ好きでもっとガッツリ飲みたい! という場合も問題ないのでご安心ください。

ビーフラッシュ タコス

自分で生地を焼いて好みの具材を盛り付けるタコスもありました。

これはステーキ食べ放題があった頃のBEEF RUSHでは提供されていないメニューですね。
入り口に食品サンプルがあり興味を持っていたのですが、セルフだとは予想していませんでした。

まぁ、生地を焼くのに1分しかかからないし、アホみたいにチーズとミートを盛りましたので大満足です。

焼き上がりの生地がもちもちしており、いい意味で期待を裏切られておいしくいただけました。

もちろん生地は糖質なので、糖質制限的にはあまりおすすめはできません。

ビーフラッシュ パスタ

フライドチキンと白身フライは2周目です。

本来は手を出してはいけないのですが、パスタのポモドーロがおいしそうで軽く盛りました。

 

ほかにもメインとしてピザが3種類と半分にカットしたじゃがいもにチーズを乗せてオーブンで焼いたベイクドポテトもありました。
もちろん、カレーの近くには相方の白米も用意されています。

すべて盛り付けていないので写真は撮影していません。

ビーフラッシュ デザート

ここからは糖質制限としては超NGなデザートエリアになります。

NGだけど盛る。

ゆるロカボを実践している最大級の理由のひとつが私が甘い物好きであることです。

普段の食事ならほぼ食べないくらいに控えることができます。

でも、バイキングに行くと盛ります。超盛り付けます。

これでもワッフルやアイスクリーム、フルーツカクテルやフルーツのライチなどは食べないようにしたんですよ?

たまたま今回置いてあったスイーツが好みのものが多かったので盛りがよくなっちゃいましたけど。

「食べ終わったら超運動するからだいじょうぶ!」

デザートを食べるときは自分にそう言い聞かせておくのが鉄板です。

ビーフラッシュ スムージー

最後がスムージーになります。

すべてミキシングが粗めのスムージーなので、よそるのも飲むのも大変です。
このカップが60ml程度の大きさなので、大瓶からレードルでよそるシステムとの相性が悪く、キレイに入れるのにひと苦労しました。

緑のスムージーはこの3種の中では一番飲みにくいです。

オレンジのスムージーはマンゴーとオレンジで飲みやすく、ピンクのスムージーはバナナ入りなので見た目以上にドロっとしていてかなりの粘度となっていました。

糖質制限では野菜や果物はジュースではなく固形で摂らないと吸収が早くなりすぎるというのがありますので、スムージーは味見程度の少量にしておきました。

 

コストパフォーマンスはどうなのか?

ビーフラッシュ 新価格

今回は平日の訪問となりましたので平日料金の税抜き1,190円となります。

今まで食べ放題のラインナップだったビーフステーキは税抜き590円でひと皿追加のオーダー制となりました。
ほかのお客さんが受け取ったものを見たところ、写真のようなカットステーキではなく普通に1枚肉でしたね。
写真のようにカットしてあったほうがおいしく見えるのにもったいない!

ステーキ食べ放題で提供していたものよりはサイズが大きい感じでした。
60gが120gになったくらいでおトクさはなさそうですが。

また、税抜き390円でグリルハンバーグがつけられますが、こちらは写真よりももっと厚さのあるおいしそうなハンバーグが提供されていました。

わりと追加オーダーでお肉類を頼んでいる人たちがいた印象があります。20%程度はテーブルが華やかでしたね。

ビーフラッシュ ドリンク価格

ドリンクバーは税抜き199円となっています。

リニューアルオープンのチラシにドリンクバー無料クーポンがついていましたが、うっかり持ってくるのを忘れたので今回は頼みませんでした。

ほかにアルコールメニューも用意されており、1杯ずつの提供となり飲み放題などは用意されていません。

 

リニューアル後のBEEF RUSHのビュッフェは、結構な種類のラインナップが用意されています。

うまく食べることで税抜き1,190円であれば充分おトクに食べられると思いました。

リニューアル前が男性で平日のランチ時間帯が税抜き1,990円でステーキ食べ放題できるシステムだったので、肉類がほぼなくなったことを考えるとおトク度は下がっています。

記事に起こすことができませんでしたが、リニューアル前に平日昼限定で税抜き1,290円でお肉120gがついたバイキングメニューがありました。それが一番おトクだったんじゃないかと思います。

リニューアル前の平日ランチ>リニューアル前>リニューアル後

支出額とコスパのバランスだと上のおトク比較になります。

 

個人的には価格設定は高めでしたが、リニューアル前のステーキ食べ放題のほうが好みでした。

ステーキが食べ放題だからかビーフシチューもカレーも、パスタソースですらもお肉がゴロゴロ入っていたので、どれを食べても満足感が高かったのはまちがいありません。

以下が当時のステーキ食べ放題のレビュー記事になります。

 ヒースブログ
ヒースブログ
https://heath-blog.com/2018/02/05/gourmet05-beefrush/
ロカボ、グルメ、激辛、書評、ラノベ、SNSなどの情報を幅広く更新する”ヒースが綴るブログ”です。

 

リニューアル後はよくあるビュッフェになってしまったのを痛感しましたので、再びステーキ食べ放題に戻る日が来るまで再訪は考えづらいのが現実ですね。

ただ、今回のレビューでは糖質制限の視点を記事内にたらふく盛り込んでいますので、普通のビュッフェとしては結構いい感じです。

糖質セイゲニストとしてこれを言うのもどうかと思いますが、デザートのケーキ類がかなり上質の出来栄えになります。

番外編 スイーツレビュー

ビーフラッシュ デザート

真ん中奥から右回りでご紹介します。

赤いゼリーはハイビスカスのゼリーとなります。
ゼリーがかなり硬めの仕上がりでしたね。
硬めのゼリーはけっこう好きなので、食べ放題の一角に置いてあるのになかなかのクオリティーのものに出会えました。

右隣の青いゼリーがラムネのゼリーとなります。
かなり緩めに仕上げられていました。
2つのゼリーでそれぞれ食感が大きく異なるのはめずらしいんじゃないでしょうか。

その隣がカスタードプリンとなります。
ちょっと硬めでしっかりとしたものです。
甘さは控えめであり、もっとたくさん食べられてしまう悪魔の吸引力を感じました。

さらに隣がガトーショコラとなります。
しっかりとした生地からは濃厚なチョコの味わいが運ばれてきます。
小さくカットしてひと口食べるだけで相当な甘味を感じました。

手前左はしっとりチーズケーキとなります。
濃厚なチーズ感としっとりとした食感でかなり作り込まれたおいしいチーズケーキです。
このチーズケーキは非常に濃厚な味わいなので、2個目、3個目と飛びつきたくなる衝動を感じられるんじゃないでしょうか。

最後に左上がチーズのぷちケーキになります。
マドレーヌに近い感じで、ふっくらとした生地にふわっとしたチーズが香ります。
水分量は少なめなので、お口がからっからになるのでドリンクが欲しくなります

このときがドリンクバー無料クーポンを忘れたことを悔いた瞬間になるとは思いませんでしたが。

 

BEEF RUSH(ビーフラッシュ)リニューアルのまとめ

 

今回の記事では以下の内容を取り上げました。

私が糖質制限をしているのに食べ放題を好む理由
リニューアル後のバイキングメニューがどうなったのか?
コストパフォーマンスはどうなのか?

番外編 スイーツレビュー

 

BEEF RUSHを取り上げるブログはあまり多くありません。

Googleで検索ワード『BEEF RUSH』とだけ入れると私のブログが1ページ目に来ます。

ほかの文字を合わせて検索すると後方にいなくなってしまうので、まだまだBEEF RUSHマニアにはほど遠いですけどね。

TBS系の『マツコの知らない世界』に出られるようなレベルがマニアックの究極体です。

ちょっとやそっとの努力だけでは足りないので、本気の『好き』が彼らのような存在を作り上げるんだと思います。

彼らのようになるのではなく、ブログを書き続けていたら彼らのようになっていた――そこまで到達できるようがんばります。

BEEF RUSHに限らず食べ放題に関してはもっともっとブログ記事を充実させて、Googleで『食べ放題 ブログ』で上位に入り込みたいところです。

 

ヒース
今回も最後まで記事を読んでいただきありがとうございます!


ヒース(正面)

最初に見てもらいたい着地点記事
ヒースブログとヒースについて

自己紹介やブログコンセプト、記事カテゴリーや今後の展開について常時更新しています。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください